Salesforce 連携前の確認事項

Salesforce 連携をする前に、以下を確認してください。

目次

Salesforce エディション

連携には Salesforce の REST API を利用するため、ご利用の Salesforce 組織が以下いずれかのエディションである必要があります。

  • Enterprise Edition
  • Unlimited Edition
  • Developer Edition

詳細は以下を確認してください。

  Essential Professional Enterprise Unlimited Lightning
Platform
Starter/Plus
Performance

Developer
Edition

MiiTel Phone の埋め込み
クリック to コール
着信ポップアップ 
レコード情報の取得 × ×
活動履歴の登録 × ×
MiiTel for Salesforce × ×

  IMPORTANT

  •  Lightning Plattform Starter、Lightning Plattform Plus での連携はできます。ただし、リードレコードとの連携は製品制約上できません。
  •   Experience Cloud (旧称 Community Cloud), Marketing Cloud では利用できません。

Salesforce API バージョン

51.0

API のバージョンは、Salesforce の Edition および API バージョンを確認する方法で確認してください。

連携する Salesforce ユーザに必要なアクセス権

連携する Salesforce ユーザに必要なアクセス権は以下のとおりです。

必要なアクセス権 (すべての連携設定で共通)

  • Salesforce API の利用: 可能 (「API の有効化」アクセス権の付与)
  • 以下オブジェクトへの参照権限、かつ参照したいレコードへの参照権限
表示ラベル API 参照名 種別 アクセス権
取引先責任者 Contact 標準 参照
取引先 Account 標準 参照
リード Lead 標準 参照
ユーザ User 標準 参照
  • 以下標準項目への参照権限

<取引先責任者オブジェクト>

表示ラベル API 参照名 種別 アクセス権
電話 Phone 標準 参照
携帯 MobilePhone 標準 参照
取引先名 AccountId 標準 参照
名前 Name 標準 参照

<取引先オブジェクト>

表示ラベル API 参照名 種別 アクセス権
電話 Phone 標準 参照
取引先名 Name 標準 参照

<リードオブジェクト>

表示ラベル API 参照名 種別 アクセス権
電話 Phone 標準 参照
携帯 MobilePhone 標準 参照
会社名 Company 標準 参照
名前 Name 標準 参照

連絡先の取得を設定する場合

連絡先の取得を設定する場合、必要なアクセス権は以下のとおりです。

活動履歴連携を設定する場合

活動履歴連携を設定する場合、必要なアクセス権は以下のとおりです。

<ToDo (API 参照名: Task) レコード>

表示ラベル API 参照名 種別 アクセス権
件名 Subject 標準 編集
状況 Status 標準 参照
コメント Description 標準 編集
割り当て先 OwnerId 標準 編集
名前 Whold 標準 編集
関連先 WhatId 標準 参照
ToDo のサブ集別 TaskSubtype 標準 編集
期日 ActivityDate 標準 編集
通話時間 NameCallDurationInSeconds 標準 参照
通話種別 CallType 標準 参照
通話オブジェクト ID CallObject 標準 参照

<活動 (API 参照名: Activity) レコード>

  データ型 種別 アクセス権
[ダイヤル開始時刻] を登録する項目 日付/時刻 カスタム 編集
[通話開始時刻] を登録する項目 日付/時刻 カスタム 編集
[通話終了時刻] を登録する項目 日付/時刻 カスタム 編集
[応対メモ] を登録する項目 選択リスト (複数選択) カスタム 編集

活動履歴任命先設定をする場合

活動履歴任命先を設定する場合、必要なアクセス権は以下のとおりです。

API コール数

1 応対履歴 (1 通話) に対し、連携に必要な API コール数は以下のとおりです。

  • 連絡先の取得のみ実施する場合: 1 回
  • 活動履歴連携のみ実施する場合: 1 回

  • 連絡先の取得、活動履歴連携を実施する場合: 1 回
  • 活動履歴連携で音声認識結果を登録する場合: 上記に追加して 1 回

  • 活動履歴連携で応対メモを登録する場合: MiiTel Phone および MiiTel Analytics > 応対履歴上で [応対メモ] の追加および削除時に 1 回

MiiTel が作成する Salesforce レコードの容量

Salesforce 連携した MiiTel は、 Salesforce に活動履歴レコードを作成します。
1 活動履歴レコードの容量は 2KB です。
詳細は Salesforce ヘルプページ「Salesforce レコードサイズの概要を確認してください。

 

この記事は役に立ちましたか?