録画を確認する (会議履歴)

Zoom でクラウド録画された録画は、MiiTel Analytics の [会議履歴] で確認できます。

MiiTel Analytics で録画を確認する

  1.  MiiTel Analytics にログインし、[会議履歴] __________2021-01-19_14.02.40.png をクリックします。
  2. 画面左で期間を指定して履歴を絞り込む、または、検索オプションを設定して確認したい録画を検索します。

__________2022-04-19_12.11.33.png

<検索オプション>

__________2022-04-19_12.13.38.png

  1. 下図のように会議履歴の音声認識・分析結果を閲覧できます。

2022Nov_sample_meeting_history.png

1Zoom でルーム作成時に設定したルーム名

2ここからルーム名 (トピック名) を変更、録画を削除できる

3date_video.svg  ルーム使用開始日時
        video_time.svg  合計録画時間
        user_played.svg  ユニーク再生ユーザー数 (同一ユーザーが複数回再生しても 1 ユーザーとしてカウントする)
        video_members.svg オンライン会議参加者名

4応対メモを追加 (応対メモリストの作成方法は、「応対メモの作成」を確認)

5各録画履歴 (複数回に分けて録画した場合、複数タブ表示される)

6コメントを追加するボタン。コメントしたい再生箇所でこのボタンをクリックすると再生時間がコメント欄に追記される

7録画ファイルをダウンロードする (mp4 ファイル形式。MiiTel Live の動画はダウンロードできません)

8会議中に会話されたトピック

9各参加者が発話していた箇所と割合がパーセンテージで表示される (各バーの色がついている箇所をクリックすると、該当箇所から録画を再生できる)

10誰も会話しなかった箇所

111人以上が同時に話した箇所

12音声認識

原文: 青枠内にホストの会話、赤枠内にゲストの会話が文字起こしされる

フィラー除外: フィラーを除外した会話が文字起こしされる

  NOTE

  •  録画された会話のみ文字起こしされます。
  •  固有名詞、社内用語など一般的でない用語、早口や明瞭でない発話は音声認識に失敗する場合があります。
  •  オンライン会議中に名前を変更したユーザーの会話は、音声解析されない場合があります。
  •  話者名が「guest01」などで表示される場合は、https://zoom.us/signin にアクセスし、[設定] > [記録] > [オーディオのみのファイルを記録する] > [各参加者の個別のオーディオファイルをレコーディングします] のチェックボックスにチェックを入れてください。この設定変更後に行われた会議履歴から話者特定できるようになります。

13録画についてのメモやコメントを入力する。[コメント] をクリックした場合、ここに録画再生時間が入力される。

14オンライン会議の応対評価 (沈黙回数と被り回数)

15各オンライン会議参加者の音声評価 (スコア)

16オンライン会議中に発話されたキーワードとその発話時間

17クラウド録画中に送受信したチャット履歴

  NOTE

  •  会議履歴から録画を削除しても Zoom のクラウドストレージ内からは削除されません。
  •  Zoom のクラウドストレージから録画データを削除しても会議履歴からは削除されません。
  •  録画時間が 8 時間を超えた履歴は再生できますが、音声認識と音声解析は行われません。
  •  Talk 比率に表示される「unknown」は、話者特定できなかった箇所とその割合を示しています。
  •  会議履歴は、全文検索機能でも検索できます。

この記事は役に立ちましたか?