応対メモの設定方法と具体的な項目例を知りたい

応対メモは MiiTel を活用するための重要な機能の 1 つです。 各応対履歴に応対メモを登録しておくと、参考にしたい通話または改善したい応対履歴を簡単に検索したり、担当者に繋がりやすい時間帯を確認したりできます。

今回は、架電の分析を行う上で必須の機能である「応対メモ」について、設計のための考え方と、具体的な設計例をご紹介します。

応対メモとは

callmemo_guide2.png

1つ1つの通話に、「どういった種類・内容の通話であったのか」をタグ付けする機能です。ダッシュボードのデータを応対メモの項目で絞り込んで表示することができます。

callmemo_guide.gif

 

応対メモ設計のための考え方

ダッシュボードでデフォルトで絞り込みできる「通話期間」「通話種別」 以外の分析の切り口を追加するために、応対メモをの項目を設計します。

_______2.jpg

応対メモの項目例

< 営業電話等の発信メインでのご利用の場合 >

  • 架電の結果 (アポ獲得、失敗、ナーチャリング、担当者不在 など)
    • 各応対メモ間でのスコア比較を見たい場合など

_________.png

  • 既存 CRM (Salesforce など) で使っているフェーズ
    • メンバーごとの進捗を可視化したい場合など

__________.png

  • リードソース、企業規模や自社の企業分類
    • 通電率の高い時間帯を割り出したい場合

____________.png

< お問い合わせ窓口等の受電メインでのご利用の場合 >

  • 商材別 (商材 A、商材 B、商材 C、商材 D など)
    • 問い合わせの傾向を可視化したい場合など

________.png

  • 架電の性質 (サポート、クレーム、エスカレーションなど)
    • メンバーごとの対応品質や、問い合わせの種別ごとに傾向を可視化したい場合

____________.png

応対目メモの作成方法

MiiTel Admin > 応対履歴 > 応対メモ より設定します。

詳しい作成方法は、「応対メモの作成」をご参照ください。

この記事は役に立ちましたか?