応対メモの登録漏れを確認したい

応対メモは MiiTel を活用するための重要な機能の 1 つです。各応対履歴に応対メモを登録しておくと、参考にしたい通話または改善したい応対履歴を簡単に検索したり、担当者に繋がりやすい時間帯を確認したりできます。

応対メモが登録されていない履歴が多くなると、分析や集計結果に影響が出たり、チームで共有できる良い履歴を見逃してしまったりする可能性があります。

「応対メモが登録されていない履歴があるか知りたい」「応対メモの登録漏れがあることをメンバーに知らせたいがどうやって確認すればいいか知りたい」というご質問を多くいただきますので、 本日は、応対メモ未登録の履歴を確認する方法をご紹介します。 確認する方法は、3 つあります。用途に合った確認方法をご活用ください。

確認方法 1: 応対メモ未登録件数を確認したい

応対メモが未登録の応対履歴件数を知りたい場合、ダッシュボードを使います。集計条件で [応対メモが登録されていない] のチェックボックスにチェックを入れて検索すると、設定した集計期間の応対履歴で応対メモが登録されていない件数が「総通話回数」に表示されます。

pic1.png

ダッシュボードの一番下までスクロールすると、ユーザー別で応対メモ未登録件数を確認することもできます。

確認方法 2: 応対メモ未登録の応対履歴を確認したい

応対メモが登録されていない応対内容を確認したい場合などは、応対履歴の検索条件で [応対メモが登録されていない] のチェックボックスにチェックを入れると該当応対履歴を確認できます。

pic2.png

まとめ

応対メモの登録漏れを確認する方法を紹介しました。今回紹介した確認方法は、MiiTel 管理者だけでなく各メンバーでもできる確認方法です。管理者がまとめて確認または各メンバーで定期的に確認するフローを考えるなど、応対メモ登録状況の確認に、ぜひご活用ください。

この記事は役に立ちましたか?