応対履歴の CSV ファイルを定期的に作成する方法

本機能を利用するには、「応対履歴 CSV ダウンロード」権限を持つユーザーのみ使用できます。

応対履歴は、CSV 形式に出力することができます。この CSV ファイルを毎日、毎週、毎月ダウンロードし、分析や集計を行う場合、定期的に CSV を自動作成する設定にすることで作業時間を短くすることができます。

設定方法

  1. MiiTel Analytics にログインします。
  2. [ストレージ] file-alt-light.svg をクリックします。
  3. [ファイルの定期予約] をクリックします。

strage_func0.png

  1. [+ 新規予約の作成] をクリックします。
  2. 以下各項目を設定後、[+ 作成] をクリックします。

strage_func1.png

1予約名: 作成する予約設定の名前を入力 (作成済みの予約と同一の予約名は使用不可)

予約名に、\ / : * " < > | の特殊文字を使用できません。

2種別: リスト表示またはフロー表示の応対履歴一覧を CSV ファイルに出力するか設定

3文字コード: 作成する CSV ファイルの文字コードを設定

4言語: 作成する CSV ファイルの各項目名の言語を設定

5頻度の選択: CSV ファイルを作成する頻度を設定 (毎日、毎週、毎月のいずれかを選択)

毎月 31 日を設定した場合、2 月や 4 月など 31日が無い月は CSV ファイルが作成されないためご留意ください。

6作成時間の指定: CSV ファイルを作成する時間を設定

7収集対象期間: 設定した作成時間からいつまでの応対履歴を CSV ファイルに出力するか設定

  • 作成可能な予約は、1 組織 (企業 ID) 10 件までです。
  • 予約名を除く、条件が作成済み予約と完全一致する条件設定はできません。
  • 重複する予約名は、使用できません。
  • 定期実行で CSV ファイル作成を行った場合も 50 件/日の CSV ファイル作成上限にカウントされます。
指定した期間によっては、CSV 作成が完了するまで時間がかかる場合があります。その場合、メール通知設定をしておくと、作成完了時に通知メールを受けることもできます。

この記事は役に立ちましたか?