Zap の作成例 : オンライン会議の音声解析結果を Google ドキュメントとして保存

オンライン会議の音声認識結果を Google ドキュメントに保存する自動フローを作成できます。

google_zap1.png

管理者権限のある MiiTel アカウントが必要です。

目次

テンプレートの選択

まず、MiiTel Admin からテンプレートを選択します。

  1. MiiTel Admin にログインします。
  2. [外部連携] > [Zapier] をクリックします。
  3. 「Google Drive」とクリックします。
  4. 「Popular with MiiTel users」に表示される「Create Google Drive documents when new video analyses are completed in MiiTel」の [Try It] をクリックします。

googledrive1.png

  1. Zapier にログインしていない場合は、ログイン画面が表示されます。Zapier アカウントをお持ちの場合はログインします。まだ Zapier アカウントをお持ちでない場合は作成します。

MiiTel と Zapier の連携に使用する MiiTel アカウントの設定

  1. 「1. Video Analysis Completed in MiiTel」をクリックします。

googledrive2.png

  1. 「MiiTel account」に連携に使用する MiiTel アカウントを設定後、[Continue] をクリックします。

googledrive3.png

管理者権限を持つ MiiTel アカウントを設定してください。

  1. Set up trigger は何も設定せず [Continue] をクリックします。
  2. [Test trigger] をクリックします。
  3. 下図のように「We found a phone analysis completed!」と表示されたらテスト完了です。

doc5.png

  1. [Continue] をクリックします。

日時表記とタイムゾーンの変更

Zapier の無料プランでは、複数のステップ (トリガー) を使用できません。Zapier の無料プランをご利用の場合は、「2. Date / Time」の [Edit] > [Delete step...] > [Really delete step?] をクリックし「2. Date / Time」を削除してください。

テンプレートには、「2. Date / Time」「3. Date / Time」というステップが含まれています。これは、初期設定のタイムゾーンである UTC から日本のタイムゾーンに変換、また日時表記フォーマットを変更する役割をしています。
テンプレートでは、「2. Date / Time」でオンライン会議の開始時刻、「3. Date / Time」でオンライン会議の終了時刻のタイムゾーンと日時表記フォーマットを変換する設定がされています。

  1. 「2. Date / Time」をクリックします。
  2. [Continue] をクリックし、必要に応じて、[To Format] と [To Timeline] を変更します。

googledrive4.png

  1. 設定後、[Continue] をクリックします。
  2. Test action で [Test & Continue] をクリックします。
  3. 同様に「3. Date / Time」をクリックし、2 - 4 の手順を繰り返します。

Google Drive と Zapier を連携する

Google Drive と Zapier を連携するために Google Drive にサインインします。

  1. [Sign in to Google Drive] をクリックし、Zapier 連携に使用する Google アカウントを設定します。
  2. [Continue] をクリックします。

ドキュメントの作成先、タイトル、内容の設定

  1. Set up action で以下項目を必要に応じて設定後、[Continue] をクリックします。

googledrive6.png

1Drive: 作成するファイルの保存先とするドライブ名を設定

2Folder: 作成するファイルの保存先とするファイル名を設定

3File Name: 作成するファイルの名前を設定する (直接入力または用意されたアクションを使用できる)

4File Content: 作成するファイルに記載したい内容を直接入力または用意されたアクションを使用して設定する (例えば、該当音声認識結果の通話種別を記載したい場合は、「Call Type」を選択リストから選択し設定する)

5Convert to document?: Google ドキュメントとして保存する場合は、[True] を設定。テキストファイルとして保存する場合は、[Fales] を設定

File name と File Content に用意されたアクション項目から Date/time 型を設定した場合、デフォルトの世界協定時 (UTC) で日時が表記されます。MiiTel 使用地域のタイムゾーンや表記形式の変更を行う場合は、「Zapier 連携で設定した Date/time 型項目の表示形式を変更する方法」を参考に設定を行ってください。なお、この設定には、Zapier の有料プランが必要です。
  1. [Test & Continue] をクリックします。
  2. 「Test was successful」と表示されたら完了です。
  3. 設定した Google ドライブにドキュメントのサンプルが作成されていること、また、設定したタイトルや本文が記載されていることを確認します。

ドキュメントのタイトル、内容、保存先などの変更は、以下手順で行います。

  1. Zapier にログインします。
  2. [Zaps] をクリックし、編集したい Zap 名をクリックします。
  3. [Create File from Text in Google Drive] > [Set up action] をクリックします。
  4. 設定内容を変更し、[Continue] をクリックします。
  1. [Turn on Zap] をクリックし、Zap を有効にします。

doc8.png

    • 後で Zap を有効にする場合、ホーム画面の [Zaps] からトグルスイッチをクリックして ON にすることができます。

doc9.png

通知が届かない、またはエラー通知が届いた場合は、以下の手順でエラーの確認を行ってください。

  1. Zapier の Zap History にアクセスします (https://zapier.com/app/history/usage)。
  2. 確認したい Zap をクリックし、[View Runs] をクリックします。
  3. エラー表示になっている履歴をクリックし、エラー内容を確認します。

__________2021-10-22_14.28.21.png 

この記事は役に立ちましたか?