Zoom 連携を利用する前に

Zoom 連携すると、クラウドレコーディングした録画を会議履歴に自動保存できます。Zoom 連携するには、あらかじめ MiiTel と Zoom で設定が必要です。必要な設定がされていない場合、Zoom 連携できない、または、一部の機能を利用できないため、必ず設定してください。

ベーシックユーザーをご利用の場合「Zoom で会議ボットを利用する前に」を確認してください。

  この機能を利用するには ?

  • ご利用には MiiTel Meetings のご契約が必要です。ご希望のお客様は、弊社担当者、または、サポートへお問い合わせください。
  • MiiTel の管理者権限が必要です。
  • クラウドレコーディングの利用権限がある Zoom のライセンスユーザーが必要です。

目次

Zoom のクラウド記録を設定する

クラウドレコーディングする前に以下を設定すると、各参加者の音声を解析できる録画ファイルを作成できるようになります。

  1. https://zoom.us/signin にアクセスします。
  2. Zoom にサインインします。
  3. 左のナビゲーションメニューで [設定] をクリックします。
  4. [記録] タブ をクリックします。
  5. 「クラウドレコーディング」で、以下の設定 (赤枠内) をオンにします。

20220906%2B%2B.png

  1. [保存] をクリックします。
  2. [レコーディング] > [クラウドレコーディング] タブをクリックします。
  3. 録画履歴が表示される、または「検索に一致する結果は見つかりません」と表示された場合は、[保存] をクリックして設定完了です。もし 「IT 管理者が録画ページへのアクセスを無効にしています。」と表示された場合、クラウドレコーディングへのアクセス権があるか Zoom 管理者に確認してください。

  IMPORTANT

  •   設定 > [記録] タブ > 自動記録を有効にし、[クラウド上に記録する] を選択しておくとクラウドレコーディングの選択忘れを防ぐことができます。
  •  ローカル記録した MP4 ファイルをアップロードして作成した会議履歴は、本設定を行なった場合も話者特定されません。

Zoom 連携の利用権限を設定する

MiiTel ユーザーに Zoom 連携の利用を許可します。利用許可された MiiTel ユーザーだけが Zoom 連携できます。

  1. https://account.miitel.jp/v1/signin にアクセスし、管理者権限があるユーザーで MiiTel Analytics にログインします。
  2. 画面右上の cog-solid__1_.svg [MiiTel Admin を開く] をクリックします。

  3. [ユーザー] > [ユーザー設定] をクリックします。
  4. 設定が必要なユーザーの  ellipsis-v-light__1_.svg  > [編集] をクリックします。

Zoom_permit.png

  1. 「MiiTel Meetings」の [利用許可] にチェックを入れ、[保存] をクリックします。

  NOTE

  •   Zoom 連携の設定方法は「Zoom 連携する」を確認してください。

この記事は役に立ちましたか?