Zoom でローカルレコーディングした録画を MiiTel Analytics にアップロードする方法

Zoom 連携済みユーザーのみ本機能をご利用いただけます。

Zoom でローカルコーデイングした録画ファイル (mp4) は、以下方法で MiiTel Analytics の会話履歴 (ベータ版) にアップロードできます。会話履歴 (ベータ版) にアップロードすると、録画の確認、音声認識、音声評価、チャットの確認を MiiTel Analytics で行うことができます。

  1. [会話履歴 (ベータ版)] をクリックして開きます。
  2. [録画をアップロード] をクリックします。

up1.png

  1. 以下各項目を設定し、[保存] をクリックします。

up2.png 

1音声ファイル : アップロードする mp4 ファイルを設定

2ルーム名 :  アップロードする録画の名前を設定 (会話履歴 (ベータ版) に表示される名前)

3開始日時 : オンラインミーティング実施日時を設定 (会話履歴 (ベータ版) に表示される日時)

4参加者 : オンライン会議に参加した MiiTel ユーザー名を設定 (Zoom連携の利用権限を持つユーザー名のみ設定可能)

5ゲストの人数 : オンライン会議に参加したゲスト人数を半角で設定

  • [ゲストの人数] に設定した人数分の guest 名が下図のように表示されます。また、[参加者] に設定した MiiTel ユーザー名も選択肢リストに表示され、誰が発話した内容か名前を設定できます。

guest_list.png

  • 1 回にアップロードできるファイルサイズは、最大 5GB までです。
  • 会話履歴 (ベータ版) では、合計 100 時間 / 月の録画を解析できます (100 時間は、Zoom のクラウド録画時間とアップロードする mp4 の録画時間の合計)。

参加者とゲスト数を実際の人数と異なる人数を設定した場合、以下のようになるためご注意ください。

  • 音声評価に表示される人数が実際の参加者と一致しない
  • 音声認識 (ベータ版) の各吹き出しに設定可能なゲスト名 (guestxx) の数が一致しない

guest.png

この記事は役に立ちましたか?