Salesforce に MiiTel 活動履歴を手動登録する方法

  IMPORTANT

  •   この機能を利用するには、Salesforce 連携Salesforece 活動履歴連携 を行ってください。
  •   Salesforce 活動履歴手動登録実行前に、お客様環境で RPA (Robotic Process Automation) などの別プロセス実行が、 Salesforce 活動履歴登録をトリガーとしていないか、実行されても問題ないかなどご確認ください。

Salesforce 活動履歴連携 を設定前に通話した応対履歴に対し、一致する電話番号が登録されいている Salesforce レコードへ MiiTel 活動履歴を手動で作成することができます。作成される MiiTel 活動履歴には、 Salesforce 活動履歴連携 で設定した各項目の情報が登録されます。

目次

活動履歴を手動登録する方法

  IMPORTANT

  •   実行後、15 秒間は再取得できません。また、実行は企業 ID 単位のため、1 ユーザーが実行した後 15 秒間は他ユーザーは再取得できません。
  •  すでに Salesforce に活動履歴が作成されている履歴は、再登録の対象外です。
  •   活動履歴の手動登録に失敗した場合、以下をご確認ください。
  • 外部連携エラーログにエラーが出ていないか確認 (管理者権限を持つユーザーで MiiTel Admin にログインする必要あり)
  • 応対履歴で該当履歴に「Salesforce 活動履歴」のリンクが表示されているか確認。表示されている場合、すでに MiiTel 活動履歴が Salesforce に作成されているため再登録できずエラーが出ている。
  • 不在発信と不在着信に対して操作した際にエラーが出た場合、該当する Salesforce レコードに MiiTel 応対履歴が作成されているかどうか Salesforce で確認
  • Salesforce で「リード」「取引先」「取引先責任者」のいずれかのオブジェクトに該当履歴と一致する電話番号が登録されているか
  • 電話番号が登録されている項目が標準項目か
  • 同時に再取得操作を行なったユーザーがいないか確認 (活動履歴を手動登録した操作履歴確認方法)

活動履歴を手動登録した操作履歴確認方法

  1. 管理者権限があるユーザーで MiiTel Admin にログインします。 (MiiTel Admin にアクセスするには、MiiTel Analytics 画面右上の歯車アイコンをクリックします)
  2. [セキュリティ] > [操作ログ] をクリックします。
  3. 「操作」に [応対履歴] を設定し、ログの [ + ] をクリックすると以下を確認できます。
    実行日時: 活動履歴の手動登録が行われた時刻
    操作: 操作内容 (連絡先再取得の場合は、「応対履歴/更新」と表示される)
    変更前: Salesforce に登録された応対履歴の ID (該当応対履歴の URL ドメイン以降)
    変更後: Salesforce に登録された応対履歴の ID と活動履歴を登録した Salesforce レコードの ID
    ユーザー: 操作を行なったユーザー名
    アクセス元 IP アドレス
    : 操作を行なったユーザーの IP アドレスなどの情報が表示される

Screen_Shot_2022-03-29_at_10.43.23.png 

この記事は役に立ちましたか?