ToDo の割り当て先に通話または発信したユーザーとは異なるユーザー名が登録される

Salesforce 連携を行っている場合、Todo に MiiTel 応対履歴が作成されます。この MiiTel 応対履歴の「割り当て先」に実際の応対者または発信者の Salesforce アカウント名が登録されない場合は、以下をご確認ください。

該当ユーザーに Salesforce アカウントが紐づいていない

MiiTel 応対履歴の「割り当て先」に表示される名前は、Salesforce ユーザー設定で MiiTel アカウントに紐づけた Salesforce ユーザー名です。

「割り当て先」に Salesforce 連携に使用した Salesforce ユーザー名が表示される場合、MiiTel で通話したユーザーに Salesforce ユーザー設定がされていない可能性があります。また、適切な Salesforce ユーザー名が「割り当て先」が登録される場合、誤った Salesforce ユーザー名が MiiTel アカウントに紐づけられている可能性があります

以下手順で設定の確認を行ってください。

  1. MiiTel Analytics に管理者権限を持つアカウントでログインし、[設定] cog-light.svg をクリックします。
  2. [外部連携] > [Salesforce ] > [活動履歴連携] タブ > [活動履歴任命先] タブをクリックします。
  3. ToDo の任命先に登録されない Salesforce ユーザー名の [編集] をクリックします。

SFDC_user.png

  1. 適切な MiiTel ユーザーが設定されているか確認します。もし、MiiTel ユーザーが設定されていない場合は、以下のように設定します。

SFDC_user.gif

 

この記事は役に立ちましたか?