Welcome to our Support

どんなことでお困りですか?

FileMaker でクリック to コール機能を利用する

Updated :

 FileMaker に登録されている電話番号にワンクリックで発信できるように、クリック to コールの設定を行うことができます。

__________2020-07-15_17.09.29.png

FileMaker でクリック to コール機能を利用するには、デスクトップアプリ版の MiiTel Phone がパソコンにインストールされている必要があります。インストール方法は、デスクトップアプリをセットアップする をご確認ください。

 

  1. FileMaker を起動し、連絡先を開きます。
  2. クリック to コール用のボタンを配置したいレイアウトを表示し、画面右上の [レイアウトを編集] ボタンをクリックします。

FM_1.png

  1. 画面上部の [] ボタンをクリックし、クリック to コール用のボタンを配置したい箇所をドラッグして囲みます。

FM_2.png

  1. 表示される「ボタン設定」ウィンドウ上部のボタンをクリックし、クリック to コール用のボタンアイコンを選択します。

FM_3.png

  1. 「ボタン設定」ウィンドウ下部の「処理 :」で [スクリプト実行] を選択し、表示される「スクリプト設定」ウィンドウで [ + ] ボタンをクリックします。  

FM_4.png

  1. 表示される「スクリプを編集」ウィンドウで、作成するクリック to コール用のスクリプト名を設定し [OK] をクリックします。 

FM__5.png

  1. 「スクリプトを編集」ウィンドウ右側の検索ボックスに「変数」と入力して検索します。
  2. 検索結果の [変数を設定] をダブルクリックします。 

FM_6.png

  1. 追加されたステップ名の歯車アイコンをクリックし、「[変数を設定] のオプション」ウィンドウで以下のように設定します。

名前:$callto

値:miitel://

FM_7.png

  1. 「値:」の [指定...] ボタンをクリックします。
  2. 「計算式の指定」ウィンドウで下図のように「"miitel://" & 電話番号::番号」と式を入力します。
    (画面右側の [ & ] ボタンをクリックし、左側最上部に [電話番号] を設定後、[番号] をダブルクリックします)

FM_9.png

  1. ウィンドウ右下の [OK] ボタンをクリックし、ウィンドウを閉じます。 
  2. 「[変数を設定] のオプション」ウィンドウで [OK] をクリックします。
  3. 「スクリプトを編集」ウィンドウの右側で「URL」を検索し、「URL を開く」をダブルクリックします。

FM_10.png 

  1. 下図の箇所をクリックして [オフ] に設定します。 

FM_11.png

  1. 「URL を開く [ダイアログあり: オフ]」の右横にある歯車アイコンをクリック、表示されるウィンドウに「$callto」を入力し [OK] をクリックします。 

FM_12.png

  1. 表示されているウィンドウの [OK] ボタンまたは [ X ] ボタンをクリックして閉じます。  
  2. 画面右上の [レイアウトの終了] ボタンをクリックします。

設定が完了すると、下図のように設定した箇所に設定したアイコンでクリック to コール用のボタンが表示されます。ボタンをクリックすると MiiTel Phone が起動し発信できます。

FM_13.png 

 

補足

  • FileMaker の連絡先に履歴を登録保存することはできません。

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています