外部連携時のエラーと対処方法

以下は各サービスを連携した時に表示されるエラーの例です。もし、エラーが表示された場合は、以下を参考ください。

目次

Salesforce 連携時のエラーメッセージ

ユーザ名、パスワード、セキュリティトークンが無効か、ユーザがロックされています。
(Invalid username, password, security token; or user locked out.)

上記のエラーが出た時の確認事項と対処内容:

Salesforce 連携に使用している Salesforce ユーザ名に誤りがないか確認してください。
Salesforce 連携に使用している Salesforce のパスワードに誤りがないか確認してください。
→ Sandbox 環境をご利用の場合はチェックを入れてください (非サンドボックス下) 。
→ Sandbox 環境をご利用でない場合はチェックを外してください (サンドボックス下)。

 

このドメインからはログインできません

上記のエラーが出た時の確認事項と対処内容:

→ アクセスに IP 制限が設定されているか確認してください。IP 制限されている場合は、お客様組織の Salesforce 管理者にお問い合わせください(MiiTel がデータ取得に利用する接続元 IP アドレスは、"13.112.232.133/32" (13.112.232.133-13.112.232.133))。

 

ユーザ名、パスワード、セキュリティトークンが無効か、ユーザがロックされています。新しい場所からログインしていますか? 貴社の信頼済みネットワーク外からデスクトップクライアントまたは API 経由で Salesforce へアクセスする場合、パスワードにセキュリティトークンを追加してログインする必要があります。新しいセキュリティトークンを取得するには、Salesforce にログインします。個人設定から、[クイック検索] ボックスに「私のセキュリティトークンのリセット」と入力し、[私のセキュリティトークンのリセット] を選択します。

 → Salesforce 連携に使用している Salesforce アカウントに必要な以下権限があるか確認してください。

  • リード、取引先責任者、取引先のすべてのレコードの参照権限
  • 活動の登録権限

 

No such column 'DialBeginAt__c' on sobject of type Task

→ クオテーション ( ' ) で囲まれたカラム名が、Salesforce 活動履歴連携後に変更されたか確認ください。もし、変更された場合は、再度、Salesforce 活動履歴連携で変更後のカラム名を設定してください。

 

invalid cross reference id

→ インサート対象のオブジェクトに入力規則が設定されていないか確認してください。

 

cannot reference converted lead

 → 音声認識処理終了前にリードの [取引の開始] をクリックすると表示されるエラーです。通話終了後に取引の開始を行ってください。

__________2020-07-22_18.41.24.png

 

Salesforce への接続に失敗しました : API is not enabled for this Organization or Partner

 → MiiTel と連携可能な Salesforce のエディション でご契約中の Salesforce エディションが API 連携できるかご確認ください。

 

INVALID_OR_NULL_FOR_RESTRICTED_PICKLIST: <項目名>: 制限つき選択リスト項目の値が不適切:

Salesfoce 活動履歴レコード上の「選択リスト」項目が「制限付き」となっており、設定済み以外の選択値を登録できません。
<項目名> が「応対メモ」登録用のカスタム項目の場合は、本項目の「選択リスト (複数選択) オプション > 値セットで定義された値に選択リストを制限します」のチェックを外してください。

SFDC_error1.png

ENTITY_IS_DELETED: エンティティは削除済みです

MiiTel Analytics から削除済みの Salesfoce 活動履歴に応対メモを登録した場合に表示されるエラーです。

kintone 連携時のエラーメッセージ

入力内容が正しくありません。

→ アプリ ID に不適当な文字が入力されていないか確認し、正しいアプリ ID を設定してください。

 

ユーザーのパスワード認証に失敗しました。「X-Cybozu-Authorization」ヘッダーの値が正しくありません。

kintone 連携に使用した kintone アカウントのパスワードを確認し、再度、適切なパスワードを再度 kintone 連携に設定してください。

 

指定したアプリ(id: 28)が見つかりません。削除されている可能性があります 

kintone 連携または kintone 活動履歴連携後にアプリ ID を変更されたか確認。kintone 連携適切なアプリ ID を設定し直してください。

 

ルックアップの参照先から値をコピーできません。「コピー元のフィールド」に指定したフィールドの設定で「値の重複を禁止する」を選択しておく必要があります。

kintoen 活動履歴連携の [取引先会社名フィールド] に設定したフィールドにルックアップ設定がされている場合、「コピー元のフィールド」に設定しているフィールドは、「値の重複を禁止する」設定がされている必要があります。 「値の重複を禁止する」設定にすることが難しい場合、別途「値の重複を禁止する」設定を行ったフィールドを連携用に用意してください。

Amazon S3 連携時のエラーメッセージ

Failed to upload /tmp/tmpwhwegtdf/2018824c-132c-462d-xxxx-xxxxxxxxxxxx.wav to miitel-s3-integration-test/test/7d12dfc7-c2e7-4309-xxxx-xxxxxxxxxxxx.wav: An error occurred (AccessDenied) when calling the PutObject operation: Access Denied

→ Amazon S3 連携で設定したバケットまたはフォルダに設定した IAM ポリシーを持つ IAM ユーザーの権限を確認してください。

Amazon S3 連携で存在しないバケットを指定していないか確認してください。

→ Amazon S3 連携で連携先のバケットに設定されているリージョンとは異なるリージョンが指定されていないか確認してください。

 

An error occurred (403) when calling the HeadBucket operation: Forbidden

Amazon S3 連携に使用したアクセスキーとシークレットアクセスキーに誤りがないか確認してください。

 

Could not connect to the endpoint URL: "https://miitel-s3-integration-test2.s3.ap-northeast-12.amazonaws.com/"

Amazon S3 連携で Amazon S3 に存在しないリージョンが指定されていないか確認してください。

この記事は役に立ちましたか?