キューイングを使用して着信ルールを設定する

キューイングを設定すると、ユーザーが対応可能になるまでお客様を待ちの状態にできます。待ち時間が経ってもユーザーが対応可能にならない場合は、そのお客様の回線を自動転送する、アナウンスを流して電話を切るなどの着信ルールを設定できます。

  この機能を利用するには ?

  • 設定には、管理者権限が必要です。

設定手順

  1. キューイングを設定する
  2. 着信ルール (どのように着信を受けるか) を設定する
    ・キューイング後に音声ガイダンスを再生する
    ・キューイング後に他電話番号に自動転送する
    ・キューイング後に特定のグループを呼び出す
  3. 着信ルールをフィルタに設定する

1. キューイングを設定する

まずは、キューイングを設定します。設定方法は「キューイング」を確認してください。

2. 着信ルール (どのように着信を受けるか) を設定する

着信ルールとして、着信時にキューイングが適用されるよう設定します。また、キューイングの待ち時間に設定した時間が経過した後、未応対の着信をどのように処理するか設定します。

3. 着信ルールを着信フィルタに設定する

作成した着信ルールをどの電話番号に、いつ来た着信に実行させるかについて、着信フィルタに設定します。

  1. https://account.miitel.jp/v1/signin にアクセスし、管理者権限があるユーザーで MiiTel Analytics にログインします。
  2. 画面右上の cog-solid [MiiTel Admin を開く] をクリックします。

  3. [着信] > [着信フィルタ] をクリックします。
  4. 以下の各項目を設定後、[保存] をクリックします。

filter_sample_Feb15_2024.png

1電話番号: 作成するフィルターを適用させる電話番号を設定する

2 定期、期間: 作成するフィルターを適用させる年月日、または、を設定する (複数年設定可能。未入力の場合は毎年となる)
 定期を選択した場合:

スクリーンショット 2024-02-14 18.24.16.png

 期間を選択した場合:
 月、年をまたぐ設定もできる

 スクリーンショット 2024-02-14 18.22.59.png

3曜日: 作成するフィルターを適用させる曜日を入力する (複数日設定可能。未入力の場合は全曜日となる)

4 祝日にも適用: チェックを入れると、着信ルールが祝日にも適用される。適用される祝日は、 [着信] > [祝日リスト] で祝日の一覧を確認できる

5 開始時刻: フィルタを適用する開始時刻をリストから選択、または、フォームに直接入力する

6終了時刻:フィルタを適用する終了時刻をリストから選択、または、フォームに直接入力する

7電話番号リスト: あらかじめ作成した電話番号リストを設定する。その電話番号リストに登録された発信元からの着信に対してのみフィルタ設定できる

8実行する着信ルール: 作成するフィルターに適用させる着信ルール名を設定する

  NOTE

この記事は役に立ちましたか?