キューイングを使用した着信ルール設定

キューイング設定をご利用の場合、オペレーターが対応可能になるまでお客様を待ちの状態にすることができます。この待ち時間を経ってもオペレーターが対応可能にならない場合は、そのお客様の回線を自動転送する、アナウンスを流して切電などの着信ルールを設定できます。

目次

 

基本設定

  1. MiiTel Analytics で [設定]__________2019-10-01_18.33.51.pngをクリックします。
  2. [着信ルール管理] をクリックします。

  3. [+ 新しい着信ルールを作成] ボタンをクリックします。

QR_______.png 

  1. [着信ルール名] と [説明] にわかりやすい名前と説明を記入します。  

__________2020-02-20_12.52.48.png 

  1. 「アクション1」の [アクション] に [キューイング] を設定します。
  2. [キューイング] に使用するキューイングを設定します。
    (キューイングの作成方法は、キューイング管理を参照ください)  

QR________.png

 

ここからは、待ち時間を経過したお客様の回線をどのようにするかによって設定が異なります。
ご希望の設定内容に近い設定例参考に着信ルール設定します。

待ち時間を経過したお客様の回線を...

 

指定した音声を流した後に切電するようにしたい

  1. [+ アクションを追加] ボタンをクリックします。
  2. 「アクション2」の [アクション] に [サウンドを再生する] を設定します。
  3. 「ファイル名」に再生する音声ファイルを設定します。
  4. 上記設定後、[保存] ボタンをクリックします。

QR_____.png

 

他電話番号(固定電話や携帯電話など)に自動転送されるようにしたい

  1. [+ アクションを追加] ボタンをクリックします。
  2. 「アクション2」の [アクション] に [サウンドを再生する] を設定します。
  3. 「名前」に使用する自動転送設定を設定します。
  4.  [呼び出し時間 (秒)] に自動転送先の電話を呼び出す秒数を設定します。
  5. 上記設定後、[保存] ボタンをクリックします。

QR__actionB.png 

指定した MiiTel ユーザのグループを鳴動したい 

  1. [+ アクションを追加] ボタンをクリックします。
  2. 「アクション2」のアクションに [グループのユーザ全員を鳴動する] を設定します。
  3. 「グループ名」に鳴動させたいグループを設定します。
  4.  [呼び出し時間 (秒)] に指定したグループを呼び出す秒数を設定します。
  5. 上記設定後、[保存] ボタンをクリックします。

QR__actionC.png

 

この記事は役に立ちましたか?