キューイングを使用した着信ルール設定

キューイング設定をご利用の場合、オペレーターが対応可能になるまでお客様を待ちの状態にすることができます。この待ち時間を経ってもオペレーターが対応可能にならない場合は、そのお客様の回線を自動転送する、アナウンスを流して切電などの着信ルールを設定できます。

設定手順

  1. キューイング設定
  2. 着信ルール設定 (どのように着信を受けるか設定)
    ・キューイング後に音声ガイダンスを再生する
    ・キューイング後に他電話番号に自動転送する
    ・キューイング後に特定のグループを呼び出す
  3. 着信ルールをフィルタに設定する

1. キューイングの作成

まずは、キューイングを作成します。キューイングの設定・変更内容は、日付をまたいで翌日午前3時半頃に反映されるため、余裕を持って作成するようにしてください。

キューイングの作成方法は、「キューイング管理」をご確認ください。

2. 着信ルール設定 (どのように着信を受けるか設定)

着信時にキューイングが適用されるよう設定します。また、キューイングの待ち時間が経過後に未応対の着信

3. 着信ルールをフィルタに設定する

作成した着信ルールをどの電話番号にかかってきた着信で実行するのか、またいつ実行させるかフィルタ設定を行います。

  1. MiiTel Analytics で [設定]__________2019-10-01_18.33.51.pngをクリックします。
  2. [フィルタ設定] をクリックします。
  3. [ + 新しいフィルタを作成する] をクリックし、下図のように設定します。

incomming_rule7.png

  1. [保存] をクリックします。

 

この記事は役に立ちましたか?