Step 1: Slack チャンネル連携

Slack チャンネル連携を行うと MiiTel 応対履歴の URL を連携した Slack チャンネルに通知させることができます。
MiiTel と Slack を連携することで特定の通話履歴情報を Slack 上でも確認することができ、効率的に架電状況を管理できます。

目次

Slack チャンネル連携

  1. 管理者権限があるユーザーで MiiTel Admin にログインします。 (MiiTel Admin にアクセスするには、MiiTel Analytics 画面右上の歯車アイコンをクリックします)
  2. [外部連携] > [Slack] をクリックします。
  3. [Add to Slack] をクリックします。
  4. 画面右上で連携先とするワークスペースを選択し、「MiiTel for Slack の投稿先はどちらにしますか?」で通知先とするチャンネルを設定します。

slack1.png 

  • 「チャンネルを検索...」をクリック時に設定したいチャンネル名が表示されない場合、「チャンネルを検索..」に設定したいチャンネル名を入力して検索します。
  • ご使用のブラウザで Slack ワークスペースにサインインしている場合、MiiTel がお客様の Slack ワークスペースにアクセスする権限がリクエストされます。
  • Slack のワークスペース確認方法 下図の赤枠で示した箇所(Slack 画面左上)に表示されてる名前がワークスペース名です。

Slack1.png

  1. 設定後、[許可する] をクリックします。
  2. 連携が完了すると、連携したチャンネル名が表示されます。

__________2021-08-26_17.49.43.png


  • Slack でチャンネル名を変更した場合、Slack 連携画面に表示される Slack チャンネル名は再連携するまで変更されません。
  • Slack 連携されたチャンネルには、以下の通知が入ります。

slack2.png

Slack チャンネル連携の削除

  1. 管理者権限があるユーザーで MiiTel Admin にログインします。 (MiiTel Admin にアクセスするには、MiiTel Analytics 画面右上の歯車アイコンをクリックします)
  2. [外部連携] > [Slack] をクリックします。
  3. 削除対象の [ trash-solid.svg ] をクリックします。

slack4.png

  1. 確認画面で [削除] をクリックします。

__________2021-08-26_18.27.49.png

この記事は役に立ちましたか?