Step 1 : Slack チャンネル連携

Slack と MiiTel を連携することができます。Slack チャンネル連携を行うと MiiTel 応対履歴の URL を連携した Slack チャンネルに通知させることができるようになります。
MiiTel と Slack を連携することで特定の通話履歴情報を Slack 上でも確認することができ架電状況の管理を効率的に行うことができます。

目次

Slack チャンネル連携

  1. MiiTel Analytics で [設定] __________2019-10-01_18.33.51.png をクリックします。
  2. [Slack チャンネル連携] をクリックします。

  3. [Add to Slack] ボタンをクリックします。

slack_addtoslack.png

  1.  MiiTel の投稿先のチャンネルを指定して [許可する] をクリックします(MiiTel Analytics のページに移動します)

slack_addtoslack.png

ご使用のブラウザで Slack ワークスペースにサインインしている場合、MiiTel がお客様の Slack ワークスペースにアクセスする権限がリクエストされます。
<Slack のワークスペース確認方法>
下図の赤枠で示した箇所(Slack 画面左上)に表示されてる名前がワークスペース名です。
Slack1.png
  1. 接続が完了すると MiiTel Analytics の「Slack チャンネル連携」画面に表示されます。また、連携に成功した Slack チャンネルには「added an integration to this channel : MiiTel」という文面が自動的に投稿されます。

<MiiTel Analytics の「Slack チャンネル連携」画面>

slack_________.png

  • チャンネル名を変更した場合も Slack に通知されます。
  • チャンネル名 を変更した場合、MiiTel Analytics の上図に反映されません。変更したチャンネル名を MiiTel Analytics にも表示させる場合は再連携を行なう必要があります。

<連携した Slack チャンネル>

slack_message.png

 

上記の表示が確認できたら Slack チャンネル連携は完了です。
連携したチャンネルに 「MiiTel のどのような情報」を「どの条件が一致したら」通知が送られるようにするかは、Slack 通知設定 を行うことで設定可能です。

Slack チャンネル連携の削除

  1. [Slack 連携] をクリックします。
  2. 設定している各通知ルールの [ __________2020-01-22_11.04.49.png ]  ボタンをクリックします。 

slack__________.png

この記事は役に立ちましたか?