Amazon S3 連携 (クラウドストレージに転送保存)

MiiTel の通話音声データを貴社の Amazon S3 (クラウドストレージ) へ転送し保存できます。

  この機能を利用するには ?

  • 管理者権限が必要です。

目次

  必要な権限、契約

  • Amazon S3 連携のご利用には、別途ご契約が必要です。ご利用希望の際は、弊社までお問い合わせください。

IAM ユーザーのポリシーを設定する

S3 連携で使用する IAM ユーザーには、以下のポリシーを設定してください。

  • <バケット名> <フォルダ名> は、連携で使用するバケット名とフォルダ名に変更してください。
{
    "Version": "2012-10-17",
    "Statement": [
        {
            "Sid": "MiiTelPutObject",
            "Effect": "Allow",
            "Action": "s3:PutObject",
            "Resource": "arn:aws:s3:::<バケット名>/<フォルダ名>/*"
        },
        {
            "Sid": "MiiTelConnectionCheck",
            "Effect": "Allow",
            "Action": [
               "s3:ListBucket"
            ],
           "Resource": "*"
        }
    ]
}

  NOTE

  •   "MiiTelConnectionCheck" は、設定値が正しいことをテストするために、バケット名の一覧を取得する目的で使用します。

参考 1: "s3:ListBucket" を設定できない場合

お客様組織のポリシーで、"s3:ListBucket" (バケット名の一覧出力) を設定できない場合、S3 連携で使用する IAM ユーザーには、以下のポリシーを設定し、「接続テストをせずに保存」をクリックして設定を保存してください。

{
    "Version": "2012-10-17",
    "Statement": [
        {
            "Sid": "MiiTelPutObject",
            "Effect": "Allow",
            "Action": "s3:PutObject",
            "Resource": "arn:aws:s3:::<バケット名>/<フォルダ名>/*"
       }
    ]
}

S3_newpng1.png

  IMPORTANT

  •   [接続テストせずに保存] した場合、接続テストができないため、通話終了後に 外部連携エラーログ で「サービス名: Amazon S3」のエラーが出力されているか確認してください。
    エラーが出力されている場合、メッセージ内容を確認し、連携設定内容に誤りがないかなどを確認してください。

参考 2: Amazon S3 連携時に IP アドレスを固定する場合

S3 連携で使用する IAM ユーザーには、以下のポリシーを設定してください。

  • <バケット名> <フォルダ名> は、連携で使用するバケット名とフォルダ名に変更してください。
{
   "Version": "2012-10-17",
   "Statement": [
       {
           "Sid": "MiiTelPutObject",
           "Effect": "Allow",
           "Action": "s3:PutObject",
           "Resource": "arn:aws:s3:::<バケット名>/<フォルダ名>/*",
           "Condition": {
               "IpAddress": {
                   "aws:SourceIp": [
                      "18.177.83.94/32", "35.73.236.241/32"
                   ]
               }
           }
       },
       {
           "Sid": "MiiTelConnectionCheck",
           "Effect": "Allow",
           "Action": [
               "s3:ListBucket"
           ],
          "Resource": "*",
           "Condition": {
               "IpAddress": {
                   "aws:SourceIp": [
                      "18.177.83.94/32", "35.73.236.241/32"
                   ]
               }
           }
       }
   ]
}

  NOTE

  •   Amazon S3 にアップロードされた音声ファイルの名前には、該当応対履歴の URL の一部 (シーケンス ID) が使用されます(MiiTel Analytics の 応対履歴 で該当の履歴をクリックした際に表示される URL の 「https://<企業ID>.miitel.jp/app/calls/」以降の数字とアルファベットで構成された ID)
  •   特定の音声を検索する場合は、MiiTel Analytics の 応対履歴一覧で CSV ファイルをダウンロード し該当履歴の Parent sequence ID 確認し、該当の Parent sequence ID を含むファイル名を検索します。
  •   Amazon S3 に保存される音声ファイルのフォーマットは以下のとおりです。
      • オーディオチャンネル: ステレオ
      • サンプルレート: 8 kHz
      • ビット/ サンプル: 16

連携設定方法

  1. https://account.miitel.jp/v1/signin にアクセスし、管理者権限があるユーザーで MiiTel Analytics にログインします。
  2. 画面右上の cog-light.svg をクリックします。

  3. [外部連携] > [Amazon S3] をクリックします。
  4. [Amazon S3 連携を有効にする] にチェックを入れます。
  5. 各項目を設定後 [保存] をクリックします。

S3_newpng1.png

1バケット: MiiTel の音声データを保存する Amazon S3 のバケット名を設定

  NOTE

  •   バケット名のパスが s3://bucket_name/ と https://bucket_name.<region-name>.amazonaws.com/ の場合、bucket_name と設定してください。

2フォルダ: MiiTel の音声データを保存する Amazon S3 のバケット内にあるフォルダ名を設定

  NOTE

  •  半角英数字と特殊文字 「 _ 」, 「 - 」, 「 / 」 のみ使用できます。

3アクセスキー: IAM ユーザー作成時、または、既存ユーザーで作成したアクセスキーを設定

4シークレットアクセスキー: IAM ユーザー作成時、または、既存ユーザーで作成したシークレットアクセスキーを設定

5リージョン:「ap-northeast-1」を設定 (アジアパシフィック (東京) に相当するリージョン名。その他のリージョンは「AWS サービスエンドポイント」を参考)

6保存: 設定値が正しいことを接続テストし、設定値を保存
接続をテストせずに保存: 接続テストせずに設定値を保存

  NOTE

連携解除する

Amazon S3 の利用を終了する場合など Amazon S3 と MiiTel の連携解除が必要な場合は、以下手順で連携解除します。

  1. https://account.miitel.jp/v1/signin にアクセスし、管理者権限があるユーザーで MiiTel Analytics にログインします。
  2. 画面右上の cog-solid [MiiTel Admin を開く] をクリックします。

  3. [外部連携] > [Amazon S3] をクリックします。
  4. [連携を解除する] をクリックします。

Feb23.png 

オプション設定: 外部連携エラーのメール通知を設定する

何かしらの原因で Amazon S3 連携、および、その他の外部連携にエラーが生じた場合、あらかじめ設定したメールアドレスでエラー発生通知をメールで受け取れます。

設定は「外部連携エラー発生のメール通知設定」を確認してください。

この記事は役に立ちましたか?