プレディクティブコールを設定、実行する

プレディクティブコールは、一度に複数の電話番号へ自動発信し、相手が電話に出た発信先のみを、待機中のユーザーへ繋ぐことができる発信方法です。また、プレディクティブコールの履歴のみを CSV ファイル形式でダウンロードし、通電率、再発信リストの作成もできます。

  必要な権限、契約

目次

Step 1: キューイングを設定する

プレディクティブコールでは、MiiTel で設定した発信先リストへ発信し、相手が応答した場合は MiiTel へ着信が発生します。その時点で応答できるユーザー数以上の相手先が応答した場合は、音声ガイダンスを流し保留状態 (待ち呼) にする必要があるため、あらかじめキューイング設定を設定しておきます。

  1. https://account.miitel.jp/v1/signin にアクセスし、管理者権限があるユーザーで MiiTel Analytics にログインします。
  2. 画面右上の cog-solid__1_.svg [MiiTel Admin を開く] をクリックします。

  3. [着信] > [キューイング] をクリックします。
  4. [キューイングを追加] をクリックします。
  5. 以下の項目を設定し、[保存] をクリックします。

gueuing.png  

1ユーザーグループ: キューイングで呼び出すグループ。グループは、あらかじめグループ管理で作成する

2名前: 作成するキューの名前を入力する

3説明: 作成するキューイング設定の説明を入力する

4呼び出し方式: オペレーターを呼び出す順番を指定する

「一斉鳴動」

  • ユーザーを一斉に呼び出す
  • 最初に応答したユーザーが繋がる

「最も待ち時間の長い人を鳴動」

  • 該当のキューイングで通話してから待ち時間が最も長いユーザーを呼び出す (キューイング以外の着信、および、発信は待ち時間のカウントに含まれない)
  • [呼び出し秒数] に設定した秒数を経過しても、呼び出されるユーザーは変わらない
  • 着信が来たユーザーが応答できず MiiTel Phone の [拒否] をクリックしたら、次に待ち時間の長いユーザーを呼び出す
  • 呼び出されたユーザー以外の電話は鳴らない

  NOTE

  •  待ち時間の集計情報は、1 日に 1 度メンテナンス時間帯にリセットされます。

「最も通話回数が少ない人を鳴動」

  • 該当のキューイングで通話した回数が少ないユーザーを呼び出す (キューイング以外の着信、および、発信は通話回数のカウントに含まれない)
  • [呼び出し秒数] に設定した秒数を経過しても呼び出されるユーザーは変わらない。
  • 着信が来たユーザーが応答できず MiiTel Phone の [拒否] をクリックしたら、次に通話回数が少ないユーザーを呼び出す
  • 呼び出されたユーザー以外の電話は鳴らない

  NOTE

  •  通話回数の集計情報は、1 日に 1 度メンテナンス時間帯にリセットされます。

「ランダムに鳴動」

  • ランダムにユーザーを1人ずつ呼び出す
  • [呼び出し秒数] に設定した秒数を経過すると、ランダムに次のユーザーを呼び出す
  • 呼び出されているユーザー以外の電話は鳴らない

「順繰りに鳴動」

  • ユーザーを1人ずつ呼び出す
  • [呼び出し秒数] に設定した秒数を経過すると、次のユーザーを呼び出す
  • 呼び出されているユーザー以外の電話は鳴らない

5待ち呼時に繰り返し流れる音声: 電話をかけてきた方がユーザーにつながるまでの間流れるサウンドを設定する。サウンドは、あらかじめサウンド管理で登録する

6呼び出し秒数: ユーザーを呼び出す秒数。秒数を超えると、指定された待ち時間のあとに次のユーザーを呼び出する

7待ち時間 (秒): 電話をかけてきた方を最大何秒間待たせるかを指定する。指定した秒数を過ぎたら電話は自動的に切れる

8呼び出しインターバル (秒):ユーザーの呼び出しに失敗した場合、ユーザーを再度呼び出すまでの待ち時間

9待ち呼数: 最大何人を待たせるかを指定する

Step 2: プレディクティブコールを設定する

Step 1 で設定したキューイングを使用してプレディクティブコールを設定します。 通常の設定方法とテンプレートを使用した設定方法があります。

  NOTE

  •  発信先のリストを追加する場合は、[追加] をクリックして CSV ファイルを選択します。インポート済みの発信先リストと重複する電話番号がある場合は、ファイルを追加できません。
  •  trash-solid.svg をクリックすると発信先を削除できます。

predictive3_add_delete_0ct2023.png

Step 3: プレディクティブコールを実行する

  1. プレディクティブコール設定直後の場合は、[▶︎ 実行開始] をクリックします。

predictive3_run_0ct2023.png

  NOTE

  •   すでに作成済みのプレディクティブコールを実行する場合は、[編集] > [詳細] > [▶︎ 実行開始] をクリックします。
  1. [sync-alt-solid.svg 更新] をクリックし、「状態」に表示される実行状況を確認します。(発信結果を確認する場合は、[編集] > [詳細] をクリックします)

predictive_statusApril27.png

  IMPORTANT

  •   同時に実行できるプレディクティブコールは最大 6 つです。
  •   実行開始したプレディクティブコールを停止するには、[停止] をクリックします。
  •   停止したプレディクティブコールを再開するには、[▶︎ 実行開始] をクリックします。発信先リストの未発信番号から発信を再開します。
  •  実行中、または、停止したプレディクティブコールを中止するには、[✕ 中止] をクリックします。中止したプレディクティブコールを再開することはできませんので、ご注意ください。
  •   1 つのプレディクティブコールを実行開始してから停止するまでの時間の上限は 6 時間です。超過した場合、タイムアウトとなりエラーが表示されます。
  •   プレディクティブコール開始後に設定変更する場合、[編集] > [詳細] > [編集] をクリックして変更できます。
  1. 設定したリストへの発信が完了すると「完了」と表示されます。(最新の状況を確認する場合、[sync-alt-solid.svg 更新] をクリック確認します)

predictive_status_completeApril27.png

  1. 実行したプレディクティブコールの [編集] > [詳細] を選択します。発信した結果を確認します。
  • check-light.svg : 発信先が応答しユーザーと通話がなされた (check-light.svg をクリックすると、当該の応対履歴画面に遷移する)
  • 不通: 呼び出し時間内*1 に発信先が応答しなかった、または、発信先が着信を拒否した
  • 切断: キューに入った発信先が通話を終了した、または、ユーザーが待ち時間内*2 に応答できなかった
  • 空欄: 未発信

*1 プレディクティブコールの [呼び出し時間 (秒)] に設定されている秒数

*2 キューイング設定の [待ち時間 (秒)] に設定されている秒数 

mar07_2024.png

  NOTE

テンプレートを作成する

  1. https://account.miitel.jp/v1/signin にアクセスし、MiiTel Analytics にログインします。
  2. MiiTel Analytics で clipboard-list-solid.svg [プレディクティブコール] をクリックします。
  3. [+ テンプレートから作成] をクリックします。
  4. [+ テンプレートを追加] をクリックします。
  5. 以下の各項目を設定します。

predictive_2023April_template.png

1名前: 作成するテンプレートの名前を入力する

2回線名 (電話番号): 使用する発信番号を設定する

3キュー: あらかじめ作成したキューイングを設定する

4同時発信数: 同時に発信する件数を設定する(上限値は回線のチャネル数に応じて異なる

5呼び出し時間 (秒): 発信先を呼び出す秒数を設定する(10 から 360 秒まで設定可能)

この記事は役に立ちましたか?