プレディクティブコールの設定方法

プレディクティブコールは、自動で一度に複数の電話番号へ発信を行い、相手が電話に出たものだけを待機しているオペレータに繋ぐことができます。
プレディクティブコールの実施方法は、「プレディクティブコールの実行方法」をご確認ください。

本機能の利用には別途契約が必要です。また MiiTel 管理者により各サービス権限の [プレディクティブコール設定権限] を付与されたユーザーのみ本機能設定を行えます。

目次

Step 1 : キューイング設定

このプレディクティブコールは、MiiTel から設定した発信先リストに発信し、相手が応答した場合は MiiTel Phone に着信が来ます。その際に、応答できるユーザー数以上の相手先が応答した場合は、音声ガイダンスを流し保留状態 (待呼) にする必要があるため、事前にキューイング設定を行う必要があります。

設定・変更内容は、日付をまたいで翌日午前3時半頃に反映されます。
  1. MiiTel Analytics に管理者権限を持つアカウントでログインし、[設定] cog-light.svg をクリックします。
  2. [着信] > [キューイング] をクリックします。
  3. 以下項目を設定後、[保存] をクリックします。

gueuing.png  

1ユーザーグループ : キューイングで呼び出すグループです。事前にグループ管理でグループを作成しておく必要があります。

2名前 : 作成するキューの名前を入力します。

3説明 : 作成するキューイング設定の説明を入力します。

4呼び出し方式 : オペレーターを呼び出す順番を指定します。

「一斉鳴動」
ユーザーを一斉に呼び出す。
最初に応答したユーザーが繋がる

「最も待ち時間の長い人を鳴動」
該当のキューイングで通話してから待ち時間が最も長いユーザーを呼び出す (キューイング以外の着信および発信は待ち時間のカウントに含まれない)。[呼び出し秒数] に設定した秒数を経過しても呼び出されるユーザーは変わらない。もし、着信が来たユーザーが応答できず MiiTel Phone の [拒否] ボタンをクリックしたら、次に待ち時間の長いユーザーを呼び出す。
呼び出されたユーザー以外の電話は鳴らない。

待ち時間の集計情報は、1 日に 1 度メンテナンス時間帯にリセットされます。

「最も通話回数が少ない人を鳴動」
該当のキューイングで通話した回数が少ないユーザーを呼び出す (キューイング以外の着信および発信は通話回数のカウントに含まれない)。[呼び出し秒数] に設定した秒数を経過しても呼び出されるユーザーは変わらない。もし、着信が来たユーザーが応答できず MiiTel Phone の [拒否] ボタンをクリックしたら、次に通話回数が少ないユーザーを呼び出す。
呼び出されたユーザー以外の電話は鳴らない。

通話回数の集計情報は、1 日に 1 度メンテナンス時間帯にリセットされます。

「ランダムに鳴動」
ランダムにユーザーを1人ずつ鳴す。[呼び出し秒数] に設定した秒数を経過するとランダムに次のユーザーの MiiTel Phone が鳴る。
呼び出されたユーザー以外の電話は鳴らない。

「順繰りに鳴動」
ユーザーの電話を順番に鳴らす。[呼び出し秒数] に設定した秒数を経過すると次のユーザーの MiiTel Phone が鳴る。
呼び出されたユーザー以外の電話は鳴らない。

5待ち呼時に繰り返し流れる音声:電話をかけてきた方がオペレーターにつながるまでの間ながれるサウンドです。事前にサウンド管理で登録を完了しておく必要があります。

6呼び出し秒数:オペレーターを呼び出す秒数です。秒数を超えると指定された待ち時間のあとに次のオペレーターを呼び出します。

7待ち時間 (秒) :電話をかけてきた方を最大何秒間お待たせするかを指定します。
指定した秒数を過ぎた場合、電話は自動的に切れます。

8呼び出しインターバル (秒) :オペレーターの呼び出しに失敗した場合、オペレーターを再度呼び出すまでの待ち時間です。

9待ち呼数:最大何人を待たせるか指定します。

Step 2 : プレディクティブコールの設定方法

Step 1 で設定したキューイングを使用してプレディクティブコールの設定を行います。
プレディクティブコールの設定方法は、通常設定とテンプレートを使用した設定の 2 種類があります。

プレディクティブコールの実施方法は、「プレディクティブコールの実行方法」をご確認ください。

テンプレートの作成方法

  1. MiiTel Analytics で [プレディクティブコール] clipboard-list-solid.svg をクリックします。
  2. [+ 新しいプレディクティブコールを追加] をクリックします。

predictive20_create.png

  1. 以下の各項目を設定します。

predictive_temp.png

1テンプレートとして登録 : チェックボックスにチェックを入れ設定をテンプレートとして保存されるよう設定

2回線名 (電話番号) : 使用する発信番号を設定

3キュー : 事前に作成したキューイングを設定

4プレディクティブコール名 : プレディクティブコールの名前を設定

5同時発信数 : 同時に発信する件数を設定(1 ~ 50 件まで設定可能)

6呼び出し時間 (秒) : 発信先を呼び出す秒数を設定(10 ~ 360 秒まで設定可能)

7待ち時間 (秒) : 発信先が応答し通話可能なユーザーを呼び出す秒数を設定(10 ~ 360 秒まで設定可能)

8発信間隔 (秒) : 発信または通話終了後に次の発信を行うまでの秒数を設定(1 ~ 360 秒まで設定可能)

9発信先リストのインポート : [ファイルを選択] をクリックし CSV 形式で作成した発信先電話番号リストを設定

  • CSV ファイルの最大行数は 5 万行
  • 電話番号は、ハイフンを含めた形式でもハイフンなしの形式でも利用可能
  • 2 行目から発信先を入力
    作成例 (電話番号は必須項目。その他、「発信先名称」と「参考情報」は任意で入力)

__________2020-10-13_16.08.44.png

この記事は役に立ちましたか?