Welcome to our Support

どんなことでお困りですか?

2019 年リリースノート

Updated :

11月28日

  • Amazon S3 と MiiTel を連携できるようになりました。詳細は、Amazon S3 連携をご確認ください。

11月14日

  • MiiTel Mobile Android 版で応対メモの登録ができるようになりました。

10月29日

  • MiiTel Mobile iOS 版の v1.5.0がリリースされました。新機能として応対メモの登録ができるようになりました。

9月20日

  • 作成済みのフィルタをドラッグ&ドロップで順番変更することが出来るようになりました。

9月19日

9月5日

  • Salesforce の Sandbox 環境への接続に対応しました。詳細は、Salesforce.com 連携をご参照ください。
  • 応対メモの最大登録件数を25件から100件に変更しました。詳細は、応対メモの作成をご参照ください。
  • ステータス表示機能をリリースしました。これにより、転送時や内線発信時に通話可能かどうかを確認してから操作を行うことができます。詳細は、ユーザ・連絡先の一覧から発信するをご参照ください。

8月28日

  • CSV ファイルダウンロード機能の日付時刻項目を ISO 8601 形式に統一しました。

8月11日

7月31日

  • ダッシュボードのフィルタリング機能を強化し、任意の期間 (From-to) で絞り込みできるようになりました。また、通話種別、応対メモを複数条件指定できるようになりました。詳細は、通話データの傾向・推移の確認(ダッシュボード) をご参照ください。

7月29日

  • Salesforce 活動履歴登録機能に、「ダイヤル開始時刻」「通話開始時刻」「通話終了時刻」を登録する機能を追加しました。詳細は、Salesforce.com 活動履歴登録 をご参照ください。

7月8日

6月24日

6月10日

5月7日

  • ダッシュボードをリニューアルし、個人別ダッシュボード画面をリリースしました。詳細は、通話データの傾向・データの確認(ダッシュボード)をご参照ください。なお、旧ダッシュボード画面は 1 ヶ月後 (6/7) 以降廃止します。
  • 着信時に、どの番号宛の着信なのかを識別できるよう電話番号を表示する改修を行いました。詳細は、電話を受けるをご参照ください。
  • 応対履歴一覧画面に発信元 / 発信先の電話番号を表示する改修を行いました。詳細は、応対履歴一覧をご参照ください。
  • Salesforce (Lightning Experience) で着信ポップアップ機能を無効化する機能を追加しました。詳細は、Lightning Experience 版で利用するをご参照ください。

4月25日

4月12日

  • 着信時に、事前に登録されている連絡先と一致した場合、企業名、担当者名を表示する改修を行いました。詳細は、MiiTel Phone で電話を受けるをご参照ください。

4月8日

  • デスクトップアプリケーションをリリースしました。詳細は、デスクトップアプリを使用するをご参照ください。
  • キーワード抽出結果に話者 (オペレータまたは顧客) の出力を含めるよう改修しました。
  • 音声認識結果にフィラー (「えー」、「あー」などの言い淀み) 除去版を追加しました。
  • 複数回連続でパスワードを間違えてしまい、ロックされてしまった場合に管理画面からロックの解除ができる機能をリリースしました。詳細は、パスワード変更・ロック解除をご覧ください。

3月18日

  • 録音音声の音質を向上しました。

3月17日

  • 応対履歴のダウンロード機能にてダウンロードした CSV ファイルに応対メモを含めるように改修しました。詳細は、応対履歴一覧 をご参照ください。

3月15日

3月8日

  • 発信専用モードをリリースしました。詳細は、MiiTel Phone のオプション設定 をご参照ください。
  • 発信者番号変更機能、自動非通知設定機能をリリースしました。詳細は、発信者番号設定 をご参照ください。
  • 沈黙、被り箇所を出力するようしました。詳細は、個別通話分析結果の確認(応対履歴) をご参照ください。
  • プレフィクス番号の変更ができるようになりました。詳細は、プレフィクス番号 をご参照ください。

2月4日

  • 連絡先の管理機能をリリースしました。詳細は、連絡先 をご参照ください。
  • 応対履歴のダウンロード機能に解析結果を含めるよう変更しました。詳細は、応対履歴一覧 をご参照ください。
  • 抑揚の計算方法を改良し、比較しやすいスケールに変更しました。

1月31日

  • 接続元 IP アドレスの制限機能をリリースしました。設定方法の詳細は、接続可能なIPアドレスを設定する をご参照ください。
  • セキュリティ強化のため、複数回連続でパスワードを誤った際に一時的にロックする機能をリリースしました。
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています