三者通話

三者通話機能は、同じ組織の第三者が通話に加わることができる機能です。

例えば、アカウント営業担当者がお客様への電話商談中に、お客様から技術的な質問を受けた際、技術営業担当者が通話に加わってお客様に補足説明するなどの用途で活用できます。

通話相手に聞こえないようにアドバイスを行う機能に関しては、 ささやき機能(ウィスパリング機能) をご活用ください。

目次

  IMPORTANT

  •  本機能を利用して同時に通話に加わることができるユーザー数は 1 名までです。
  •  本機能は組織外のユーザーを招待する機能 (いわゆる会議通話機能、カンファレンスコール) ではありません。
  •   すべての三者通話参加者の発話は録音され音声認識結果 (文字起こし) に表示されます。しかし、現在の仕様では、2 人以上の話者を特定分類することはできません。

ユーザー覧からの検索による操作方法

内線番号を入力して三者通話を開始する方法

  • 「77*」の後に対象ユーザーの内線番号を入力して発信することで、三者通話できます。(ワイドモードでご利用の場合も同様の操作で三者通話を行えます。)

     

_________%2B.png

  • 以下の発信方法は、2022 年 10 月下旬以降、順次廃止予定です。上記の「77*」の後に対象ユーザーの内線番号を入力して発信する方法をご利用ください。
    • [77] に発信し、その後音声ガイダンスに従って内線番号と # を入力する。

この記事は役に立ちましたか?