Welcome to our Support

どんなことでお困りですか?

2018 年リリースノート

Updated :

12月17日

  • 着信時にブラウザのタブが背面に配置されている状態でも着信通知の受け取り、着信音が鳴動するよう、変更しました。
  • Salesforce.com 活動履歴連携を設定されているお客様で、活動履歴の任命先を事前に設定した MiiTel ユーザに設定できるようになりました。詳細は、Salesforce ユーザを設定する をご覧ください。
  • パスワード変更機能をリリースしました。詳細は、パスワードの変更 をご覧ください。
  • 応対履歴画面に、話速を「顧客より ○○ % 速い/遅い」「オペレータより ○○ % 速い/遅い」のような相対的な指標での表記を追加しました。

11月27日

  • Google Chrome 拡張にクリック to コール機能を追加しました。本機能を有効にすると、閲覧中の Web ページに電話番号の書式で記載された文字を発信用のリンクに変換し、リンクをクリックするだけの操作で発信が行なえます。詳細は Google Chrome 拡張機能で利用する をご参照ください。

11月18日

  • 着信時の通知機能を追加しました。ログイン後、以下のメッセージが表示された場合、「許可」を選択すると、着信時に通知が表示されます。通知をクリックすると、着信中の画面に切り替え、着信後、相手をお待たせすることなく通話を開始できます。もし、「ブロック」を押してしまった場合は、着信時の通知が表示されない から、設定を実施してください。

    以下のポップアップが表示された場合、「許可」をクリックします。

    通知表示の例: Windows 10 の場合

    通知表示の例: macOS の場合

11月7日

10月28日

  • キーパッド押下音、発信時に鳴動する音を他の鳴動音に合わせる形で、音量の調整を実施しました。

10月27日

  • 発信中の音を変更しました。これまで「プルル、プルル…」と鳴動していましたが、発信先の通信キャリアによって途中で発信音のトーン、音量が変わってしまうことから、「プープープー」(ダイヤル中)「プルル、プルル…」(発信先の応答待ち) の 2 段階で鳴動するよう変更しました。
  • リードの情報取得に対応しました。詳細は Salesforce.com 連携 をご参照ください。

10月24日

  • しおり機能を強化したコメント機能をリリースしました。登録したユーザの名前や登録時刻が表示されるようになったほか、再生範囲を指定して相手に共有ができるようになりました。これにより、フィードバックやチーム内のコラボレーションなどの幅広い用途に活用できます。詳細は 個別通話分析の結果 をご参照ください。
  • 話速 (会話のスピード) の分析結果が表示できるようになりました(ベータ版としてのご提供になります)。

10月14日

  • キーワード抽出の性能改良を実施しました。10/14 以降に行われた応対は新アルゴリズムにて解析を実施します。

9月30日

  • JavaScript ウィジェット」機能を追加しました。これにより、自社独自開発の社内向け Web アプリケーションに MiiTel Phone を組み込むことができるようになりました。

9月25日

  • 「MiiTel ヘルプ」をリリースしました。
  • MiiTel Phone の UI を改善しました。これにより、不在着発信数や発着信履歴を MiiTel Phone から参照できるようになりました。また、通話中にしおりの登録ができるようになり、転送もより簡単な操作で行えるようになりました。
  • Salesforce.com 活動履歴登録」機能をリリースしました。この機能を利用すると、通話開始後、MiiTel Analytics へのリンクを Salesforce の活動として自動的に登録します。
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています