応対メモの作成

応対メモは、応対履歴を分類するためのタグ機能です。この機能を有効にすると、通話中および通話終了後にあらかじめ用意した応対メモのリストを表示することができます。
各応対履歴に応対メモを登録すると、ダッシュボードでの集計や応対履歴の検索を効率的に行うことができます。

callmemo_sampleC.png

発信先の留守番電話に繋がった通話を自動判別し特定の応対メモを自動設定する設定は、自動応対メモ (ベータ版) をご確認ください。

目次

応対メモの作成

  • 「ポジティブな応対としてマーク」にチェックを行うと、模範的な応対として記録し、今後リリース予定の解析機能で活用できます。

callmemo_new.png

  • 応対メモに絵文字を入力することも可能です。
  • 応対メモは、最大で 100 項目登録可能です。
  • 各項目の最大文字数は 512 文字です。

応対メモの並べ替え

通話中および通話終了後に表示される応対メモ画面には、応対メモ作成画面に表示された順番で応対メモが表示されます。順番を入れ替えるには、各項目左の __________2021-02-08_16.16.41.png をドラッグして並べ替えます。
並べ替え後は、[登録] をクリックして表示順を確定します。 

(MiiTel Admin で並べ替えを行う場合、並べ替え後 [保存] をクリックします)

call_memo2.gif

順番の変更が反映される箇所

  • MiiTel Phone 通話中および終了後に表示される応対メモ登録画面
  • 応対履歴の [応対メモ入力] に表示されるプルダウンリスト

memo4.gif

この記事は役に立ちましたか?