kintone 連携

kintone 連携設定をすることで、電話終了時に相手の電話番号に紐づく取引先情報を kintone アプリから取得し、連絡先に自動登録することができます。
連携時に IP アドレスを制限する場合は、「kintone 連携時に IP アドレスを固定する方法」をご確認ください。

目次

本機能は kintone REST API を利用するため、kintone の契約形態がスタンダードコースである必要があり、ライトコースではご利用いただけません。

必要なユーザー権限

kintone 連携で設定する kintone ユーザーには「レコード追加」と「アプリ管理」アプリ権限が必要です。

例えば、kintone 連携に「管理太郎」kintone ユーザーを設定する場合、「管理太郎」kintone ユーザーに「レコード追加」と「アプリ管理」権限があることを確認してください。

kintone-activity-history-application-permission01.png

kintone と MiiTel を連携する

  1. MiiTel Analytics に管理者権限を持つアカウントでログインし、[設定] cog-light.svg をクリックします。
  2. [外部連携] > [kintone] をクリックします。
  3. [機能を有効にする] のチェックボックスにチェックを入れます。
  4. 以下の項目を設定後、[保存] をクリックします。

kintone1.png

1ログイン名 : 連携に使用する kintone のログインユーザー名を設定

2パスワード : 1 に設定したログインユーザーのパスワードを設定

3ドメイン : お客様組織の kintone アクセス URL に含まれているドメインを設定 (例: http://revcomm.cybozu.com の場合 「revcomm」 の部分がドメイン)

4アプリ ID : MiiTel と連携する kintone のアプリ画面を開き URL を確認。アプリの URL が "https://companyname.cybozu.com/k/3/" の場合、"3" を入力。

5電話番号フィールドコード : 電話番号が登録されている項目名を設定 (営業支援パックを使用している場合は「TEL」を選択)

6取引先会社名フィールドコード : 取引先会社名が登録されている項目名を設定 (営業支援パックをお使いの場合は「顧客名」を選択)

[取引先会社名フィールドコード] に設定したフィールドが、kintone 活動履歴連携の [取引先会社名フィールド] に設定されているフィールドの「コピー元のフィールド」に設定されている場合、「値の重複を禁止する」設定がされている必要があります。 「値の重複を禁止する」設定にすることが難しい場合、別途「値の重複を禁止する」設定を行ったフィールドを連携用に用意してください。

7取引先担当者名フィールドコード : 取引先担当者名が登録されている項目名を設定(営業支援パックを使用している場合は「担当者名」を選択)

  • MiiTel Phone で通話終了後、「電話番号フィールドコード」に入力したフィールド内の電話番号を検索し、「連絡先」に自動登録します。
  • 電話番号は半角数字のハイフンなし、ハイフンありの 2 通りで検索します。ハイフンが正しい位置に格納されていない場合、取得に失敗することがあります。
  • kintone 連携 に設定したアプリに、kintone 活動履歴連携に設定したアプリを参照するルックアップを設定している場合、コピー元フィールドになります kintone連携 で設定しました「取引先会社名フィールド」は「重複しない」設定としてください。「重複しない」設定とすることが難しい場合、別途「重複しない」設定しましたフィールドを用意し連携してください。
  • kintone 連携中、MiiTel Phone と MiiTel Phone Mobile で以下の場合に kintone REST API を消費します。
      • 発信 (発信不在も含む)
      • 着信を受ける (着信不在も含む)
      • 自動転送を行う
      • 留守電を受ける
  • 同一 kintone アカウントを使用して複数の 企業 ID と連携させることも可能です。しかし、kintone 側で kintone REST API 同時接続数に制限があるため、連携前にお客様組織の kintone 管理者に確認を行ってください (参考 : https://developer.cybozu.io/hc/ja/articles/36002027211)

kintone 連携時に IP アドレスを固定する方法

Cyboze のヘルプページに記載されている設定手順で IP アドレス制限できます。
アクセスを許可する IP アドレスを入力する画面で「18.177.83.94/32, 35.73.236.241/32」を設定してください。

https://jp.cybozu.help/general/ja/admin/list_security/list_access/ip_restrictions.html

オプション設定 : 外部連携エラー発生のメール通知設定

何かしらの原因で kintone 連携およびその他の外部連携にエラーが生じた場合、あらかじめ設定したメールアドレスでエラー発生通知メールを受けることができます。

設定は、「外部連携エラー発生のメール通知設定」をご確認ください。

この記事は役に立ちましたか?