応対履歴に応対メモを登録する

応対メモは、応対履歴につけるタグのような機能です。応対メモを登録するとダッシュボードでの集計や分析を応対メモ別行うことができます。また、応対履歴を検索する場合にも使用できて便利です。
Salesforce 活動履歴連携で Salesforce の活動履歴に応対メモを登録する設定を行うこともできます。

応対メモは、事前に作成していただく必要があります。作成方法は、応対メモの作成をご確認ください。

目次

MiiTel Phone で応対メモを登録する

用意された応対メモリストに必要な応対メモがない場合、plus-circle-regular.svg をクリックして作成することができます。この方法で作成した応対メモは、応対メモリストには追加表示されません。
応対メモリストに追加する場合は、応対メモの作成を確認してください。

callmemo_custom.gif

応対履歴画面で応対メモを登録する

登録した応対メモは MiiTel Analytics の応対結果画面から参照・追加・削除が可能です。

  1. MiiTel Analytics の [応対履歴 __________2019-09-30_19.19.59_2.png ] をクリックします。
  2. 応対メモを追加したい応対履歴をクリックします。

_________.png 

  1. [+応対メモを追加] をクリックします。

_________2.png

  1. 「応対メモを追加」画面で [応対メモを入力] をクリックします。

_______.png

  1. 表示されるリストから登録したい応対メモをクリックします。
  2. [登録] ボタンをクリックします。

______________.png

複数追加する場合は、上記手順を繰り返して設定を行ってください。

各項目名は、最大 512 文字です。

この記事は役に立ちましたか?