kintone への活動履歴連携を設定する

kintone 活動履歴連携設定をすることで、通話終了後、設定した kintone アプリに MiiTel Analytics の応対履歴 URL を含んだレコードを自動的に追加できます。

  IMPORTANT

  •   本機能の登録には、事前に kintone 連携 を設定する必要があります。
    kintone 連携 の「取引先会社名フィールドコード」に設定したフィールドに、応対履歴の「取引先会社名」と一致するレコードがある場合のみ、レコードを追加します。

kintone への活動履歴連携を設定する

2023 年 1 月 13 日から、[活動履歴連携 (旧)] と [活動履歴連携 (新)] の 2 種類のタブが表示されます。2023 年 2 月上旬頃、kintone ID とパスワードを使った [活動履歴連携 (旧)] を廃止し、API トークンを使った [活動履歴連携 (新)] へ完全移行予定です。すでに kintone 活動履歴連携済みの場合、[活動履歴連携 (新)] で再設定してください。これから kintone 活動履歴連携する場合も [活動履歴連携(新)] タブで設定してください。

詳しくは「お知らせ: kintone 連携と活動履歴連携の設定画面を変更します」を確認してください。

  IMPORTANT

  •   kintone 連携 の「取引先会社名フィールドコード」に設定したフィールドで、応対履歴の「取引先会社名」が取得できない場合は、レコードは追加されません。

    上記設定に問題がなく、レコードが追加されない場合は以下の原因が考えられます。

    • MiiTel 応対履歴が入力されるフィールドに文字数の制限がかかっている
      → 文字数の上限を増やしてください
    • MiiTel 応対履歴が入力されるフィールドで値の重複が禁止されている
      → 重複の禁止を解除してください
    • その他のフィールドで必須項目の設定がある
      → 必須項目の設定解除をしてください
  •  同じ電話番号を持つレコードが複数ある場合、作成日が新しいレコードに活動履歴が作成されます。
  •   kintone 基本設定の「電話番号フィールドコード」に「080-xxxx-xxx, 03-xxxx-xxxx」など複数の電話番号を登録している場合、kintone レコードに活動履歴が作成さません。「電話番号フィールドコード」に登録する電話番号は 1 つにしてください。

この記事は役に立ちましたか?