Lightning Experience 版で MiiTel Phone を利用する

このページでは、Salesforce の Lightning Experience をお使いの方が MiiTel Phone にログインし、利用できる状態になるまでの手順を説明します。
また、Salesforce 上で MiiTel Phone を使用すると便利なオプションや表示も利用できます。

本機能を利用するには、Salesforce へのソフトフォン設定が必要です。「Salesforce ソフトフォン導入 (Lightning Experience)」または「Salesforce ソフトフォン導入 (Salesforce Classic )」の手順に従って設定してください。
もし、Salesforce Classic をお使いの場合、「Salesforce Classic 版で利用する」をご参照ください。

目次

Step 1 : Salesforce 上にソフトフォンを表示する

  1. MiiTel Phone が有効化されたユーザーで Salesforce にログインします。

ログイン時に「接続できません」というエラーが表示される場合は、Salesforce の MiiTel Phone にログインできないをご確認ください。
  1. 画面左下の [MiiTel Phone] をクリックし MiiTel Phone を起動します。

    Lightning1.png

「MiiTel Phone」が表示されていない場合、ソフトフォン導入の設定が正しく完了していない可能性があります。この場合は、お客様の組織の Salesforce 管理者へご確認ください。

Step 2 : MiiTel Phone にログインする

  1. 事前に受け取ったログイン ID とパスワードを入力し、MiiTel Phone にログインします。

  2. ログインが完了すると、以下のようにキーパッドが表示されます。

    Lightning3.png

便利機能 1 : 着信ポップアップ機能

Salesforce に登録済みの電話番号から着信があった際に、当該電話番号を持つお客様の Salesforce ページ、または当該電話番号を持つ複数のお客様を検索結果ページに表示させる機能です。設定方法は、着信ポップアップ設定(Lightning Experience) を参照ください。

Salesforce に埋め込まれた MiiTel Phone の着信画面には、該当電話番号の Salesforce 登録状況が下図のように表示されます、Salesforce に一致するレコードが1件または複数ある場合は、該当するお客様の Salesforce ページを開いてから電話に出ることも可能です。

便利機能 3 : MiiTel Phone を別の場所に移動させる

MiiTel Phone と Salesforce 左端画面が重なって操作しにくい場合は以下方法で、Salesforce 画面から表示上切り離してご利用いただくことも可能です。

  1. MiiTel Phone 右上の [ポップアウト] ボタンをクリックします。

Lightning4_popout.png

  1. Salesforce 画面から切り離されて MiiTel Phone が表示されます。
  2. Salesforce 画面左下に戻す場合は、MiiTel Phone 右上の [ポップイン] ボタンをクリックします。

Lightning4_popout2.png

MiiTel Phone をポップアウトまたはポップインすると、MiiTel Phone がリロードされます。そのため、通話中や着信中にポップアウトおよびポップインすると電話が切れますのでご留意ください。

よくある質問

ページを遷移しても通話を維持できますか?

  • Lightning Experience 版では通話中にページを遷移しても通話状態は維持されます。ただし、Salesforce Classic 版では、Salesforce の仕様により、ページを遷移すると、通話が切断されますので、ご注意ください。

この記事は役に立ちましたか?