着信ルール管理

着信ルールは、外線着信時、どのような流れで着信を受けるか決めるルールです。着信ルール管理では、営業時間や営業時間外などご利用場面に適した着信ルールを複数作成することができます。

着信ルール設定時、必ず着信を受けるグループの設定が必要になるため、事前にグループ作成を行ってください。

登録した着信ルールは フィルタ設定するまで有効になりません。

目次

着信ルールを設定する

  1. MiiTel Analytics に管理者権限を持つアカウントでログインし、[設定] cog-light.svg をクリックします。
  2. [着信] > [着信ルール] をクリックします。
  3. [着信ルールを追加] をクリックします。
  4. 着信時、その着信に対してどのようにな振る舞いを行うかなど下図のように設定します。

incomming_rule1.png

1作成する着信ルールの名前を入力

2作成するルールの詳細説明を入力

3着信に対してどのような振る舞いをするか設定

  • グループのユーザー全員を鳴動させる : 設定したグループユーザーを指定した秒数呼び出す。設定した呼び出し秒数経過しても誰も応対しなかった場合、電話が切れる。もし、このアクションの次に別のアクションを設定している場合は、そのアクションが実行される。
  • サウンドを再生する : 設定したサウンドファイルが発信元に流れる。再生が終了すると電話が切れる。もし、このアクションの次に別のアクションを設定している場合は、そのアクションが実行される。
  • 留守番電話 : 設定した留守番設定が実行される。
  • 自動転送 : 設定した自動転送に設定されている電話番号に着信が転送される。もし、転送先が応答しなかった場合、電話が切れる。しかし、このアクションの次に別のアクションを設定している場合は、そのアクションが実行される。
  • キューイング : (利用には別途契約必要) このアクションを設定するとキューイング設定を着信ルールに設定できる。
  • サウンドを再生し、ユーザーからのボタン入力を受ける : (利用には別途契約必要) 例えば、「日本語をご希望の方は 1 を押してください。For English speaker, press 2 .」のような、自動音声を再生し、発信元が選択した番号に設定したアクションを実行できる。

4アクションを追加し、作成したアクションの次に実行する振る舞いを設定

設定例 1 : グループのユーザーを一斉鳴動

例えば、平日の営業時間中にかかってきた電話は、インサイドセールス部門の全員の電話を鳴動させたい、とします。この場合、「グループのユーザー全員を鳴動させる」を選択し、該当のグループを選択します。「呼び出し時間」を設定すると、一定時間呼び出して応答がなかった場合、切断します。

この記事は役に立ちましたか?