Step 2: Salesforce 活動履歴連携

本設定を行うと応対履歴を MiiTel 活動履歴 (ToDo) として Salesforce に自動作成できます。また、その活動履歴に以下を登録することができます。応対履歴の録音やスコアも活動履歴に登録する場合は、MiiTel for Salesforce (AppExchange) のご利用をご検討ください。

  • ダイヤル開始時刻
  • 通話開始時刻
  • 通話終了時刻
  • 応対メモ
  • 通話種別
  • 通話時間 (秒)
  • 応対履歴 URL
  • 音声認識結果 (フィラーを除く)
  • 音声認識結果 (要約文)
  • 本機能を登録するには、事前に Salesforce 連携の基本設定を行う必要があります。
  • 自動転送先の応対履歴は、Salesforce に活動履歴登録されません。
  • 本機能を使用するには、Salesforce 連携に使用している Salesforce アカウントがユーザオブジェクトを参照できる必要があります。

Salesforce 活動履歴登録機能を設定する

  1. 管理者権限を持つアカウントで MiiTel Admin にログインします。
  2. [外部連携] > [Salesforce] をクリックします。
  3. [活動履歴連携] タブをクリックします。
  4. [活動履歴連携を有効にする] のチェックボックスにチェックを入れます。

SFDC_activity1.png

  1. 各項目を設定後、[保存] をクリックします。

SFDC_activity2.png

1登録のタイミング: どのタイミングで Salesforce に活動履歴を登録するか設定
通話開始後: 通話開始後に活動履歴が登録される
通話終了後: 通話終了後に活動履歴が登録される。また、以下 4 - 9 を設定すると活動履歴に「ダイヤル開始時刻」「通話開始時刻」「通話終了時刻」「応対メモ」なども登録ができる。

[通話開始後] を選択すると MiiTel 応対履歴のコメント項目に通話種別により以下が自動入力されます。

  • 不在発信: 発信 (不在)
  • 不在着信: 着信 (不在)
  • 着信 / 発信 / 留守電 / 転送: 応対履歴の URL

2件名: 活動履歴に表示される件名を設定

CTI_MiiTel____.png

3状況: 活動履歴を登録する際の状況ステータスを設定
* 「Completed」を設定すると記録された活動として登録される。「Not Started」「In Progress」を設定すると今後の ToDo として登録される。

SFDC_activity1.png

4ダイヤル開始時刻: 発信または鳴動開始した時間を登録する「日付/時刻」型のカスタム項目を設定

5通話開始時刻: 通話を開始した時間を登録する「日付/時刻」型のカスタム項目を設定

6通話終了時刻: 通話を終了した時間を登録する「日付/時刻」型のカスタム項目を設定

「日付/時刻」型のカスタム項目を作成する場合、Salesforce に管理者権限のあるアカウントでログイン後、[設定] > [オブジェクトマネージャ] タブ > [活動] > [項目とリレーション] をクリックします。その後、以下「カスタム項目の作成」の設定手順 2 から設定内容に沿って作成します。

7応対メモ: 応対メモを登録する「選択リスト (複数選択)」型のカスタム項目を設定

応対メモを登録するカスタム項目は、以下のように Salesforce で作成してください。

  1. Salesforce に管理者権限のあるアカウントでログインし、[設定] を開く
  2. [オブジェクトマネージャ] タブ > [活動] > [項目とリレーション] をクリック (ToDo にカスタム項目を作成できない)
  3. [新規] をクリック
  4. 「STEP 1. データ型の選択」画面で [選択リスト(複数選択)] を選択
  5. 「STEP 2. 詳細を入力」画面で以下のように設定

    1項目の表示ラベル: 作成するカスタム項目の名前を設定

    2値: [各値を改行で区切って入力します。] を選択

    3ボックス内にダミーを入力 (設定上、空欄にできないため何かしらの文字を入力)

    4[値セットで定義された値に選択リストを制限します] のチェックボックスにチェックを外す

custom_field.png

  1. 画面右下の [次へ] をクリックし、「ステップ 4. ページレイアウトへの追加」画面まで進み [保存] をクリック

8コメント: 活動履歴項目のコメントに記入する差込項目を設定

  1. [差し込み項目] からコメントに記載したい項目をクリックし設定

SFDC_activity3.png

  1. Salesforce のコメントに表示したい各項目名を以下のように入力

SFDC_activity3_1.png

9コメント (不在発信・不在着信): 不在発信 / 着信のコメントに記入する差込項目を設定

__________2021-08-19_14.27.24.png

  • コメントに記入できる文字数は、最大 3 万文字です。この上限数には各項目名も含まれます。
  • 着信不在と留守番電話の MiiTel 応対履歴には、Salesforce 連携の基本設定に使用した Salesforce ユーザー名が任命先に登録されます。
  • クリック to コール機能を利用した場合、クリック to コールを行った Salesforce レコードに活動履歴を作成します 。活動履歴が作成されるのは、取引先責任者 (Contact)、取引先 (Account)、リード (Lead) 内のレコードのみです。
  • クリック to コール以外の方法で発信した場合、取引先責任者 (Contact)、取引先 (Account)、リード (Lead) の優先順位で電話番号が一致するレコードを検索し、該当レコードに活動履歴を作成します。もし、同一のオブジェクトで複数のレコードが見つかった場合は、最終更新日が最新のレコードに登録します。
  • Salesforce の REST API を用いるため、以下のように API 使用量を消費します。
    • 活動に割り当てる関連先・名前を検索するために最大 3 回分消費します (取引先責任者、取引先、リードの順番で 3 つのオブジェクトを参照し該当の電話番号を持つレコードを検索します。そのため、電話番号がリードに登録されている場合は、3 つのオブジェクトを参照するため最大 3 回分の API を消費します)
    • MiiTel 活動履歴の作成時に 1 回分消費します。
    • MiiTel 活動履歴に音声認識結果が挿入されるよう設定した場合、音声認識結果挿入時に 1 回分消費します。
    • MiiTel Phone で通話終了後、応対メモ登録時に 1 回分消費します。
    • 応対履歴画面または MiiTel Phone Mobile で応対メモの追加・削除を行うと 1 回分消費します。
  • MiiTel が利用する Salesforce API バージョンは 51.0 です。API の確認方法は、Salesforce の Edition および API バージョンを確認する方法をご確認ください。

戻る:  Step 1: Salesforce 連携  |  次へ : Step 3: Salesforce のセキュリティトークンの確認方法

 

この記事は役に立ちましたか?