Step 1: Salesforce 連携 - 基本設定

MiiTel と Salesforce オブジェクトの「取引先責任者 (Contacts)」「取引先 (Accounts)」「リード (Leads)」を連携することができます (「個人取引先」も連携可能)。

連携後、MiiTel Phone で発信、着信した電話番号と一致する Salesforce レコードの「取引先名」「取引先担当者名」が 連絡先 に登録されます。登録された連絡先は、応対履歴応対履歴一覧 にも反映されます。

  • 「取引先責任者」「取引先」「リード」以外のオブジェクトは連携できません。
  • Salesforce の「電話型の標準項目」に登録された電話番号と一致するレコード情報を連絡先に登録します (「カスタム項目」は非対応)。
  • 一致する電話番号が複数オブジェクトに登録されている場合、「取引先責任者」「取引先」 「リード」の優先順位で連携します。
  • 一致する電話番号が、同一オブジェクトの複数レコードに登録されている場合、最終更新日が最新のレコードと連携します。
  • 連携には、Salesforce の REST API を利用します。
  • MiiTel が利用する Salesforce API バージョンは 51.0 です。API のバージョンは、Salesforce の Edition および API バージョンを確認する方法 でご確認ください。

目次

連携可能な Salesforce エディション

Salesforce の REST API を利用しているため、以下の Salesforce のエディションで連携可能です。詳細は、MiiTel と連携可能な Salesforce のエディションをご参照ください。

  • Enterprise Edition
  • Unlimited Edition
  • Developer Edition
  • Salesforce Platform Starter
  • Salesforce Platform Plus
Professional Edition, Essential Edition では連携できません。

連携方法

新規に連携する場合は、「Salesforce ID で認証 (推奨)」で連携してください。
「ID とパスワード認証」から「Salesforce ID で認証 (推奨)」に変更する場合は、事前に「参考: 認証方法による違い」を確認してください。

参考: 認証方法による違い

認証方法により、以下が異なります。「ID とパスワード認証」から「Salesforce ID で認証 (推奨)」に変更する場合は、事前に確認してください。

 

Salesforce ID で認証
(推奨)

ID とパスワードで認証
連携する Salesforce ユーザ の「API ログインの多要素認証」設定 「有効」「無効」どちらも可能 「無効」にする
シングルサインオン (SSO) が要求される Salesforce ユーザによる連携 対応 非対応

連絡先に登録する対象 Salesforce レコード

  • クリック to コール による発信の場合
    クリックしたレコードの情報が MiiTel 連絡先に登録される *1
  • クリック to コール以外の発信、および着信の場合
    取引先責任者、取引先、リードの優先順位で該当電話番号を持つレコード情報が連絡先に登録される
     

取引先責任者、取引先、リードの優先順位で該当電話番号を持つレコード情報が連絡先に登録される

応対メモの登録タイミング (活動履歴連携設定した場合)
  • MiiTel Phone からの応対メモ保存時
  • 音声分析完了時 *2
  • 応対履歴からの応対メモ変更時
  • MiiTel Phone からの応対メモ保存時
  • 応対履歴からの応対メモ変更時
連絡先の取得設定
  • 通話終了後に取得 (デフォルト)
  • 取得しない
  • 一括取得 *3
  • 通話終了後に取得 (デフォルト)
  • 取得しない
操作ログ あり なし
連携解除 可能 サポートへ依頼

 *1 Salesforce 上で クリック to コール した場合の連絡先連携について

「ID とパスワードで認証」では、クリックしたレコードの情報ではなく、「取引先責任者」「取引先」「リード」の優先順位で、該当電話番号が登録されているレコードの情報が、連絡先に登録されます。
「Salesforce ID で認証 (推奨)」では、クリックしたレコードが「取引先責任者」「取引先」「リード」の場合、クリックしたレコードの情報が、MiiTel 連絡先に登録されます。

 *2 Salesforce 活動履歴の応対メモ登録タイミングについて
「Salesforce ID 認証 (推奨)」では、MiiTel Phone からの応対メモ保存時に加え、音声分析が完了したタイミングでも Salesforce 活動履歴の応対メモ登録を実施します。なお、Salesforce 活動履歴連携 設定画面の「コメント」に「音声認識結果 ( {SPEECH_RECOGNITION_SUMMARY}、{SPEECH_RECOGNITION})」の設定がない場合も実施します。

*3 「ID とパスワードで認証」で「連絡先を一括取得する」設定している場合
「Salesforce ID で認証 (推奨)」では、「連絡先を一括取得する」ことはできません。「ID とパスワードで認証」で「連絡先を一括取得する」を設定していた場合、「Salesforce ID で認証 (推奨)」に変更後、自動的に「通話終了後に取得する」に変更されます。

オプション設定: 外部連携エラー発生のメール通知設定

何かしらの原因で Salesforce 連携およびその他の外部連携にエラーが生じた場合、あらかじめ設定したメールアドレスでエラー発生通知メールを受けることができます。

設定は、「外部連携エラー発生のメール通知設定」をご確認ください。

 

次へ:Step 2: Salesforce 活動履歴登録

この記事は役に立ちましたか?