応対履歴一覧

応対履歴一覧画面では、通話実績を一覧形式で確認できる画面です。応対履歴画面には表示されない、不在着信や不在発信も確認することができます。

ここでは、応対履歴一覧でできることを紹介します。

目次

MiiTel Analytics で [応対履歴一覧] __________2019-10-01_18.34.44.png をクリックし一覧を表示します。

202005NewDesign_____.png

 

絞り込み検索

発信、着信、着信(不在)、発信(不在) など通話種別で絞り込むことができます。また、ユーザ名、発信先、発信元の電話番号、取引先企業名、取引先担当者名、コメント欄の内容で検索できます。

_________.png

 

音声ダウンロード

他社員のお手本となる通話をダウンロードし新人教育用として保存することができます。

ダウンロードしたい履歴の [操作] ボタンから [音声ダウンロード] をクリックすると m4a 形式で音声ファイルがダウンロードされます。

_______DL____.png 

特定の応対履歴をダッシュボード集計結果から除外する

操作確認や社内模擬通話(ロールプレイング)などダッシュボードの集計結果に含めたくない応対履歴は、集計結果から除外することができます。

除外設定方法は、2 通りあります。

<複数の応対履歴をダッシュボード集計結果から除外する場合>

  1. 集計結果から除外したい応対履歴のチェックボックスにチェックを入れます。
  2. [操作] ボタンから [ダッシュボードの集計結果に含めない] をクリックします。  

202005NewDesign_____.png

 

<特定の通話履歴のみダッシュボード集計結果から除外する場合>

  1. 除外したい履歴の [操作] ボタンをクリックします。
  2. [ダッシュボードの集計結果に含めない] のチェックボックスにチェックを入れます。

202005NewDesign_____.png

 

<ダッシュボードの集計結果から除外する設定を解除する場合>

  1. ダッシュボード集計結果に再度含めたい応対履歴の [操作] ボタンをクリックします。
  2. [ダッシュボードの集計結果に含めない] のチェックボックスにチェックを外します

202005NewDesign_____.png

 

リスト表示とフロー表示の切り替え

応対履歴一覧は、リスト表示とフロー表示に切り替えできます。
リスト表示では、各履歴を確認することができます。
フロー表示では、着信を受けるまでにどの着信アクションが行われ、どのユーザまたはグループが応対したかなど着信または転送時の一連の流れを確認できます。

 切り替えは、画面右上のボタンで切り替えられます。

____________.png

<リスト表示例>

____________Sample.png

<フロー表示例>

____________Sample.png

 

応対履歴を CSV ファイルでエクスポート

月単位で応対履歴を CSV ファイル形式でエクスポートすることができます。
詳細は、「応対履歴を CSV ファイル形式でダウンロード」をご確認ください。

_______DL____.png

 

この記事は役に立ちましたか?