kintone に活動履歴を手動登録する

エラーなどが原因で kintone に活動履歴が作成されなかった場合、手動で活動履歴を作成できます。作成される活動履歴には、kintone 活動履歴連携 で設定した各項目の情報が登録されます。

  この機能を利用するには ?

  •   kintone 連絡先連携kintone 活動履歴連携 の設定が必要です。
  •   kintone 活動履歴の手動登録を実行する前に、お客様環境で RPA (Robotic Process Automation) などの別プロセス実行が、kintone 活動履歴登録をトリガーとしていないか、実行されても問題ないかなど確認してください。

目次

活動履歴を手動登録する

  IMPORTANT

  •   実行後、15 秒間は再実行できません。また、実行は企業 ID 単位のため、1 ユーザーが実行した後 15 秒間は他ユーザーは再実行できません。
  •  すでに kintone に活動履歴が作成されている履歴は、再登録の対象外です。
  •   活動履歴の手動登録に失敗した場合、以下を確認してください。
  • 外部連携エラーログにエラーが出ていないか確認する (管理者権限を持つユーザーで MiiTel Admin にログインする必要あり)
  • 該当の応対履歴に「kintone 活動履歴」のリンクが表示されているか確認する。表示されている場合、すでに活動履歴が kintone に作成されているため再登録できない
  • 不在発信と不在着信に対して操作した時にエラーが出た場合、該当する kintone レコードに MiiTel 応対履歴が作成されているかどうか kintone で確認する
  • 同時に再取得操作したユーザーがいないか確認する (活動履歴を手動登録した操作履歴確認方法)

手動登録した操作履歴を確認する

  1. https://account.miitel.jp/v1/signin にアクセスし、管理者権限があるユーザーで MiiTel Analytics にログインします。
  2. 画面右上の cog-solid [MiiTel Admin を開く] をクリックします。
  3. [セキュリティ] > [操作ログ] をクリックします。
  4. 「操作」に [応対履歴] を設定し、ログの [ + ] をクリックすると以下を確認できます。
    実行日時: 活動履歴の手動登録が行われた時刻
    操作:「応対履歴/更新」と表示される
    変更前: kintone に登録された応対履歴の ID (該当応対履歴の URL ドメイン以降)
    変更後: kintone に登録された応対履歴の ID と活動履歴を登録した kintone レコードの ID
    ユーザー: 操作を行なったユーザー名
    アクセス元 IP アドレス
    : 操作を行なったユーザーの IP アドレスなどの情報が表示される 

この記事は役に立ちましたか?