条件指定の自動応対メモ

設定した条件を満たした応対履歴に、自動で応対メモを登録する機能です。

各ユーザーの特性分析や、通話の確認に活用できます。

  この機能を利用するには ?

条件指定の応対メモを設定する

キーワード、出現回数、発話者を条件として設定します。

  1. https://account.miitel.jp/v1/signin にアクセスし、管理者権限があるユーザーで MiiTel Analytics にログインします。
  2. 画面右上の cog-solid [MiiTel Admin を開く] をクリックします。
  3. [応対メモ] > [応対メモ] をクリックします。
  4. [ソフトフォン、MiiTel Phone Mobile で応対メモの選択を可能にする] にチェックを入れます。
  5. [条件指定の自動応対メモ] [自動応対メモを追加] をクリックします。
  6. 各項目を入力します。

    条件自動応対メモ_設定.png

    1キーワード: 条件とするキーワードを設定する。複数設定した場合、各キーワードの出現回数の合計が出現回数を上回ると、応対メモが登録される
。キーワードを増やすには、「キーワード設定」から追加する

    2出現回数: 条件とするキーワードの出現回数を設定する。設定した回数以上キーワードが出現した場合、応対メモが登録される

    3発話者: 条件とするキーワードの発話者を設定する。取引先、ユーザー、全て (取引先とユーザーの両方を発話者として指定する) から選択する

    4応対メモ名: 条件を満たしたときに登録する応対メモ名を設定する

  7. [有効] にチェックを入れて、 [保存] をクリックします。
  8. 条件を満たした応対履歴には、下図のように robot-solid.svg がついた応対メモが登録されます。

    応対メモロボットアイコン.png

  IMPORTANT

  •   上記の設定後に作成された応対履歴にだけ、設定した応対メモが自動登録されます。
  •   有効にチェックが入っていない場合、設定は保存されますが、自動登録はされません。
  •   最大 100 件まで設定できます。
  •   応対履歴画面から手動で条件指定の自動応対メモを登録した場合、応対メモには sticky-note-solid.svg が表示されます。(自動判定と手動登録の区別のため)

  NOTE

  •   以下の機能で条件指定の自動応対メモを活用できます。
  •   初期設定として、いくつかの条件指定の自動応対メモを用意しています。状況に応じて活用してください。

条件指定の自動応対メモを無効にする

  1. https://account.miitel.jp/v1/signin にアクセスし、管理者権限があるユーザーで MiiTel Analytics にログインします。
  2. 画面右上の cog-solid [MiiTel Admin を開く] をクリックします。
  3. [応対メモ] > [応対メモ] をクリックします。
  4. [条件指定の自動応対メモ] で、無効にしたい自動応対メモの [有効] のチェックを外します。

    応対メモ無効化.png

  5. [保存] をクリックします。

条件指定の自動応対メモを削除する

  1. https://account.miitel.jp/v1/signin にアクセスし、管理者権限があるユーザーで MiiTel Analytics にログインします。
  2. 画面右上の cog-solid [MiiTel Admin を開く] をクリックします。
  3. [応対メモ] > [応対メモ] をクリックします。
  4. [条件指定の自動応対メモ] で、削除したい自動応対メモの trash-solid.svg [削除] をクリックします。

    応対メモ削除.png

  5. [保存] をクリックします。

この記事は役に立ちましたか?