Google Workspace でシングルサインオン (SSO) を設定する

Google Workspace を利用している場合、OAuth 2.0 クライアント ID を使用したシングルサインオン (SSO) を MiiTel に設定できます。SSO 設定後、パスワードを使ったログインを無効にし、ログイン方法を SSO だけにすることもできます。詳細は「シングルサインオン (SSO) 有効時にパスワード認証を無効にする」を確認してください。

  この機能を利用するには ?

  • SSO を利用する場合、Google Workspace 上の各ユーザーのメールアドレスと MiiTel のログイン ID が一致している必要があります。

目次

Google Cloud 設定画面  OAuth クライアント ID を作成する

  1. https://console.cloud.google.com/ にアクセスし、サインインします。
  2. 画面左上の bars-light.svg [ナビゲーションメニュー] をクリックします。
  3. [APIとサービス] > [認証情報] をクリックします。
  4. [+ 認証情報を作成] > [OAuth クライアント ID] をクリックします。

    OAuth1.png

  5. 以下を設定します。

OAuth2.png

 

1 アプリケーションの種類: ウェブアプリケーションを選択する

2 名前:任意の名前を入力する 

3 承認済みのリダイレクト URI: [+ URIを追加] をクリックし、URI1 に「https://auth.account.miitel.jp/oauth2/idpresponse」を入力する

  1. [登録] をクリックします。
  2. 「クライアント ID」「クライアントシークレット」をコピーします。(後で必要となるため、メモ帳などに貼り付けておきます)

OAuth3.png

ID の発行を依頼する

ここまでの設定が完了したら、以下をサポートへ連絡してください。

  • クライアントIDの値

  • クライアントシークレットの値

  IMPORTANT

リダイレクト URI を追加する

サポートから リダイレクト URI 発行完了のメールが届いたら、メールに記載されているリダイレクト URI をクライアント ID に追加します。

  1. https://console.cloud.google.com/ にアクセスし、サインインします。

  2. 画面左上の bars-light.svg [ナビゲーションメニュー] をクリックします。
  3. [APIとサービス] > [認証情報] をクリックします。
  4. SSO 設定に使用する OAuth クライアント ID 名をクリックします。

    OAuth4.png

  5. [承認済みのリダイレクトURI] >  [URIを追加] をクリックします。

    OAuth5.png

  6. メールに記載されているリダイレクト URI を URI2 に入力します。
  7. [保存] をクリックします。

  NOTE

  •   設定反映までに時間がかかる場合があります。設定直後、ログイン画面でシングルサインオンに失敗する場合は、少し時間をおいて再度ログインを試してください。

この記事は役に立ちましたか?