kintone への会議履歴連携を設定する

kintone 会議履歴連携を設定すると、会議終了後、設定した kintone アプリに MiiTel Analytics の会議履歴 URL を含んだレコードを自動的に追加できます。

目次

kintone 連携の基本設定を行う

設定済みの場合、この手順は不要です。「kintone への会議履歴連携を設定する」へ進んでください。

  1. https://account.miitel.jp/v1/signin にアクセスし、管理者権限があるユーザーで MiiTel Analytics にログインします。
  2. 画面右上の cog-solid (1).svg [MiiTel Admin を開く] をクリックします。

  3. [外部連携] > [kintone] をクリックします。
  4. [基本設定] タブをクリックします。
  5. 以下の項目を設定後 [保存] をクリックします。

kintone連携_基本設定.png

 

1ドメイン: お客様組織の kintone アクセス URL に含まれているドメインを設定する。(例: http://revcomm.cybozu.com の場合 「revcomm」 の部分がドメイン)

2ゲストスペース ID: MiiTel と連携するゲストスペースの ID を設定する。(ゲストスペースでアプリを開き、URL が https://companyname.cybozu.com/k/guest/2/181 の場合、「2」を入力する)

kintone への会議履歴連携を設定する

  1. https://account.miitel.jp/v1/signin にアクセスし、管理者権限があるユーザーで MiiTel Analytics にログインします。
  2. 画面右上の cog-solid (1).svg [MiiTel Admin を開く] をクリックします。

  3. [外部連携] > [kintone] をクリックします。
  4. [会議履歴連携] タブをクリックします。
  5. [会議履歴連携を有効にする] にチェックを入れます。
  6. 以下の項目を設定後 [保存] をクリックします。(各項目に設定できる kintone フィールドのデータ型は「kintone フィールドのデータ型」で確認してください)

kintone会議履歴0324.png

 

1アプリ ID: MiiTel 応対履歴 URL を含むレコードを自動作成する kintone アプリ ID を設定する。 (kintone アプリを開き URL が https://companyname.cybozu.com/k/4/ の場合、「4」 を入力する)

  IMPORTANT

  •   アプリ ID には、活動履歴作成用のアプリの ID を設定してください。kintone 連携 > アプリ ID で顧客情報管理用アプリを設定していた場合、それとは別に、活動履歴作成用のアプリが必要です

2API トークン: 活動履歴連携先とするアプリの API トークンを設定する。
(API トークンの取得方法は「API トークンを生成する」を確認する。(API トークン作成時のアクセス権設定では、レコード閲覧、レコード追加にチェックを入れる。なお、コメント、音声認識、音声認識 (要約) も活動履歴に登録する場合、レコード編集の権限も必要)

3会議履歴URL フィールドコート: 会議履歴の URL を登録するフィールドコードを設定する

4タイトルフィールドコート: 会議のタイトルを登録するフィールドコードを設定する

5開始時刻フィールドコード: 会議開始時刻を登録するフィールドコードを設定する

6終了時刻フィールドコード: 会議終了時刻を登録するフィールドコードを設定する

7会議時間フィールドコード: 会議時間を登録するフィールドコードを設定する

8応対メモフィールドコード: 応対メモを登録するフィールドコードを設定する

9コメントフィールドコード: 応対履歴、または、MiiTel Phone で入力したコメントを登録するフィールドコードを設定する

10音声認識結果フィールドコード: 音声認識結果を登録するフィールドコードを設定する

11音声認識結果 (要約) フィールドコード: 音声認識結果の要約を登録するフィールドコードを設定する

12会議ホストの MiiTel ユーザーに紐づく kintone ユーザー名フィールドコード: 会議ホストの MiiTel ユーザーに紐づく kintone ユーザー名を登録するフィールドコードを設定する (活動履歴任命先の設定が必要)

13議事録フィールドコード: 議事録を登録するフィールドコードを設定する

  IMPORTANT

  •   会議時間のフィールドのデータ型が文字列 (1 行) ではない場合、レコードは作成されません

kintone フィールドのデータ型

以下のデータ型で kintone 活動履歴連携に設定する kintone フィールドを作成してください。

kintone フィールド データ型
MiiTel 会議履歴 の URL を格納するフィールド リンク
会議のタイトルを格納するフィールド 文字列 (一行)
通話終了時刻を格納するフィールド 日時
通話時間を格納するフィールド

文字列 (一行)

応対メモを格納するフィールド 文字列 (複数行)
コメントを格納するフィールド 文字列 (複数行)
音声認識結果を格納するフィールド 文字列 (複数行)
音声認識結果 (要約) を格納するフィールド 文字列 (複数行)
MiiTel 会議履歴 の URL を格納するフィールド ユーザー選択
議事録を格納するフィールド 文字列 (複数行)

 

この記事は役に立ちましたか?