通話終了後に関連先レコードを指定する

MiiTel Phone for Salesforce の通話終了後画面で、登録する Salesforce 活動履歴の関連先に、任意のレコードを指定できます。

  この機能を利用するには ?

目次

関連先レコードを指定する

  1. MiiTel Phone for Salesforce を起動します。
  2. 通話終了後、[関連先] タブをクリックします。
  3. 発信先、または、着信元の電話番号が登録されているレコードが表示されます。(任意のキーワードで、Salesforce のグローバル検索と同じように検索もできます)
  4. 関連先とするレコードを選択します。
  5. [保存] をクリックします。

Aug10_2023.png

検索対象とする Salesforce オブジェクトを変更する

関連先とするレコードの検索対象は、Salesforce の設定で変更できます。

  1. システム管理者のプロファイルを持つ Salesforce ユーザでログインします。
  2. Salesforce 画面右上の [設定] > [設定] をクリックします。
  3. クイック検索で「ソフトフォン」を検索し、検索結果の「ソフトフォンレイアウト」をクリックします。
  4. 使用しているソフトフォンレイアウトの [編集] をクリックします。(Salesforce Call Center の概要 が表示された場合は、[次へ] をクリックします)
  5. 「通話種別を選択する」で [発信] または [着信] を設定します。発信時、着信時でレコードの検索対象を編集したい方を選択してください。
  6. 「表示する Salesforce オブジェクト:」の [取引先責任者, 取引先, リード, ケース] を展開します。
  7. 検索対象とする Salesforce オブジェクトを右側の「選択」に入れます。また、検索対象から外したい Salesforce オブジェクトは左側の「選択可能」に入れます。

relatedto_sfdc_settings.png

  1. [保存] をクリックします。

「通話種別を選択する」で [発信] または [着信] を設定し、それぞれの通話終了後に適切な Salesforce オブジェクトのレコードを検索できるように手順 7 の設定をします。

  IMPORTANT

  •   以下の Salesforce オブジェクトは、検索対象にできません。
    ・ ToDo
    ・ 行動
    ・ ユーザー
    ・ 取引先責任者
    ・ リード

この記事は役に立ちましたか?