会議履歴に閲覧制限をかける

  この機能を利用するには ?

  • MiiTel Meetings の契約が必要です。

会議履歴の閲覧を制限し、限られたユーザーだけが履歴を表示、検索できるように設定できます。

各会議履歴にアクセス可能なユーザーは、設定権限を持つユーザーだけが変更できます。

会議履歴の閲覧をチーム単位で制限することもできます。チーム単位の閲覧制限 (ベータ版) の詳細は、弊社担当者、または、サポートへお問い合わせください。

閲覧制限ボタン.png

ユーザーの閲覧制限設定を制限する

  この機能を利用するには ?

  • 管理者権限が必要です。
  1. https://account.miitel.jp/v1/signin にアクセスします。
  2. cog-solid (1).svg [MiiTel Admin を開く] をクリックします。
  3. [ユーザー] > [ユーザー設定] をクリックします。
  4.  設定したいユーザーの ellipsis-v-light (1).svg > [編集] をクリックします。
  5. [会議履歴単位の閲覧制限設定] でユーザーに閲覧制限の設定変更を許可する範囲を選択します。

スクリーンショット 2024-02-28 12.56.27.png

  1. 画面下の [保存] をクリックします。

閲覧制限する

会議履歴に対して閲覧制限設定の権限があるユーザーは、会議履歴を閲覧できるユーザーを制限できます。

  1. https://account.miitel.jp/v1/signin にアクセスし、MiiTel Analytics にログインします。
  2. Vector.svg [会議履歴] をクリックします。
  3. 閲覧制限したい履歴を選択します。
  4. [制限なし] をクリックします。(すでに制限されている場合は [制限あり] と表示されます)

文字起こし3.png

  1. 制限範囲を以下から選択します。
  • すべてのユーザー
  • ホストと特定のユーザー
  • ホストのみ
  1. [設定を保存] をクリックします。

  IMPORTANT

  •   ホストの MiiTel ユーザーが削除された場合、会議履歴の閲覧制限を変更できなくなる場合があります。閲覧制限の変更が必要な場合、サポートへ問い合わせてください。

この記事は役に立ちましたか?