MiiTel Phone での応対メモ登録方法を設定する

MiiTel Phone、および、MiiTel Phone Mobile で通話終了後に登録する応対メモの登録方法を設定できます。
以下を設定できます。

  • 通話終了後に、応対メモの登録画面を表示するか、表示しないか
  • 複数の応対メモを登録するか、1 つだけ登録するか
  • 大項目を登録できるか、詳細項目だけ登録できるか
  • ユーザーごとに応対メモの登録を必須、任意、または、登録不要にするか

例えば、応対メモ登録を [必須] とし、ユーザーの応対メモ登録忘れを防ぐことができます。

  この機能を利用するには ?

  IMPORTANT

応対メモの登録方法を設定する

  1. https://account.miitel.jp/v1/signin にアクセスし、管理者権限があるユーザーで MiiTel Analytics にログインします。
  2. 画面右上の cog-solid [MiiTel Admin を開く] をクリックします。
  3. [応対メモ] > [応対メモ設定 (通話)] をクリックします。
  4. [ソフトフォンでの利用設定] タブを開きます。
  5. 各項目を設定後、[保存] をクリックします。

callmemo_customize_June2024.png

1応対メモの入力画面のスキップ: 応対メモの登録画面を表示、または、非表示に設定できる。表示しない場合は、チェックを入れて [保存] をクリックする (この設定は、MiiTel Phone と MiiTel Phone Mobile の両方に反映される)

2応対メモの登録数: 登録可能な応対メモ数を設定する (この設定は、MiiTel Phone だけに反映される)

  • 複数可能: ユーザーは応対メモを複数登録できる
  • 1 つのみ: ユーザーは応対メモを 1 つだけ登録できます

3応対メモの登録項目: 登録可能な項目の種類を設定する (この設定は、MiiTel Phone だけに反映される)

  • 全ての項目を登録可能にする: 応対メモ登録画面で大項目と詳細項目が登録できる
  • 詳細項目がある大項目を登録できなくする: 詳細項目がある場合は、応対メモ登録画面で大項目は登録できない (詳細項目が設定されていない場合は、大項目を登録できる)

4各ユーザーの設定: ユーザーごとに応対メモの登録を [必須]、[不使用]、[任意] に設定する (この設定は、MiiTel Phone と MiiTel Phone Mobile の両方に反映される)

  • 必須: 応対メモ登録画面で 1 つ以上の応対メモ項目を選択しないと、[保存]できない
  • 不使用: 応対メモ登録画面は表示されない
  • 任意: 応対メモ登録画面で応対メモ項目を選択しない場合でも、[保存] できる

各設定時の応対メモ登録画面の動作

設定 動作
応対メモの
登録数
応対メモの
登録項目
各ユーザーの
設定
応対メモの登録画面 応対メモの登録
[複数可能] [全ての項目を登録可能にする] [必須]

すべての応対メモ項目が表示される

  • 応対メモ項目を複数登録できる
  • 1 つ以上の応対メモ項目の登録が必要 *1
    [不使用] 応対メモ登録画面は表示されない -
    [任意] すべての応対メモ項目が表示される
  • 応対メモ項目を複数登録できる
  • 応対メモ項目の登録は任意
[複数可能] [詳細項目がある大項目を登録できなくする] [必須] 詳細項目がある大項目は表示されない
  • 応対メモ項目を複数登録できる
  • 1 つ以上の応対メモ項目の登録が必要 *1
    [不使用] 応対メモ登録画面は表示されない  
    [任意] 詳細項目がある大項目は表示されない
  • 応対メモ項目を複数登録できる
  • 応対メモ項目の登録は任意
[1つのみ] [全ての項目を登録可能にする] [必須] すべての応対メモ項目が表示される
  • 応対メモ項目を 1つだけ登録できる *2
  • 1 つの応対メモ項目の登録が必要 *1
    [不使用] 応対メモ登録画面は表示されない  
    [任意] すべての応対メモ項目が表示される
  • 応対メモ項目を 1 つだけ登録できる *2
  • 応対メモ項目の登録は任意
[1つのみ] [詳細項目がある大項目を登録できなくする] [必須] 詳細項目がある大項目は表示されない
  • 応対メモ項目を 1 つのみ登録できる *2
  • 1 つの応対メモ項目の登録が必要 *1
    [不使用] 応対メモ登録画面は表示されない  
    [任意] 詳細項目がある大項目は表示されない
  • 応対メモ項目を 1 つだけ登録可能 *2
  • 応対メモ項目の登録は任意

*1: 「各ユーザーの設定」で [必須] が設定されているユーザーが、応対メモ項目を選択せずに [保存] した場合、「応対メモを選択してください」というエラーメッセージが表示される

*2: 「応対メモの登録数」で [1つのみ] が設定されているが、複数の応対メモ項目を選択し [保存] をクリックした場合、「応対メモは 1個だけ選択してください」というエラーメッセージが表示される

この記事は役に立ちましたか?